「売る」ということをずーっと考えている。
「どうしたら売れるか…」

しかし、それが自分の仕事だった。
社会人になってから…ずーっと
そして結論は、「売るためには、売らない」ということだった。

多分売るという手法は、ほとんど出尽くしているだろう
買うという行為を掘り起こすための商品の見せ方や単価の提案、言葉つかいなどの接客方法。
そんな手法を書いてある本が山ほどある。
それを実践すれば、そこそこのスキルは上がる
しかし、それはみえみえである。

人口が増えていくモノのない時代、ちょっとしたアイディアですぐ売上は上がった。
売る方は、売る気満々。買う方も買う気満々の時代だった。
いま、人口減少社会、物余り時代、先行き不透明の時代、
そんな時代は初めてである。
「売れない」それが当たり前である。
売れるのは、余分なものばかりである。

まして食糧。岩手なら130万個の胃袋の容量しか売れない。
食べものは、安いから買っておこうと言うものでもない
おのずと限界がある。
そしてまず今現在充足している。
ジャー!都会へ売ろうとしても、
そこには他の46県からそう考えている人の熾烈な競争がある。
ジャー!海外へ…と国が考えても
日本以上の価格をつけるところは数少ない。
そこにも他国との熾烈な競争が展開する。
”新自由主義”なら、激烈な競争に打ち勝って栄冠を…
「努力すれば報われる」と、もてはやされるのだろうが…
しかし、その栄華は続くのだろうか…
どこかで壁にぶち当たり、落ちるか…変更を余儀なくされるのではなかろうか…
そこまで行きたいが…
競争という舞台は、最後は資本力の勝負である。
小賢しい智慧など、ふっ飛ばしてしまう。

 

「売る」というのは、競争に持ち込まれないのが望ましい。
(資本力が有るなら価格競争にもちこめば良いが…)
ところが野菜だけでなく目に見える価格は、必然的に競争に持ち込まれる
あちらが10円安いとか…30円高いとか…
価格競争で叶わないとなったら、品質や…サービスで…
つまり競争に打ち勝たないと物は売れない
競争に打ち勝つということは、競争に負ける人を作るということである。
他国や遠方の競争なら、負ける人は目に見えないが…
(目に見えないから良いということではない)
地域内流通
「売るためには、売らない」ということが必要であり、
足りない部分を補給する、知らない部分を教える、そんな程度のことである。