秘伝の塩豆が好調である
「日本一の香り枝豆」と言われる青大豆「秘伝」

先日取材に来たテレビ局のアナウンサーに聞いた
「枝豆」と「大豆」はどういう違いか?
「知りません」と言う

 

たぶん多くの人が知らないと思うので豆知識を…
普通に言うのは「大豆の若い未熟な豆=枝豆」と言う

大豆は黄大豆。青大豆・黒大豆・茶大豆とあり、(黄大豆は白大豆とも言う)
黄大豆は、国や自治体が育種管理をしている
その他の豆は、民間育種にまかせている。
よく産直に行くと「あおまめ」「くろまめ」と言って売っている
ようするに種を自家採取しているので、名前がわからなくなってしまうのである。
種苗メーカーが原種を保存して種取りをしているものだけが名前がついている

大豆は葉っぱが枯れて、鞘も茶色になってから庭先に干して乾燥させ冬に叩いて落とす。
乾燥した豆は保存がきき、種にもなる。
枝豆は、枝についている青い状態で収穫して湯がいて食べる
豆は青い豆でそのままにしておくとカビる
枝豆は、俳句の秋の季語にあるように、立秋以後の食べものであった。
温暖化によって、暑さが早くなりビールを飲む時期が早くなってきた
それにしたがい、ビールのお伴「枝豆」も収穫時期が早いもの育種開発が進んできた
それによって「枝豆専用」の大豆が出てきたのである。

枝豆は
1個入っているのは規格外
2個入っているのはB品
3個入っているのがA品という規格がある
確かな店では、A品を使用しているが…
安物の居酒屋に行くと規格外を山盛りにしてサービスとなる
これで店の格がわかる
枝豆専用は粒ぞろいが良いという
大豆専用は量が収穫できればいい

そんな枝豆専用の「秘伝」は晩生である。
6月の中旬以降に植えて、9月の20頃から枝豆として収穫する
枝豆の時期に収穫できないのが大豆として畑に残す
収穫は11月をすぎる。岩手は初雪と競争である。
新しい大豆は、早くても12月、遅れれば年を超える

 

そんな大豆の「秘伝」を熱湯で湯がいて塩を振り、煮干粉をちらす
秘伝の甘さに、煮干粉のこく、そして岩塩のうまさが口に広がる

昔、日本人は、豆と小魚からカルシュームを摂っていた。
そんな秘伝の塩豆である。