こびる食堂の本棚に絵本を置いている

以前は、「食と農」に関する本ばかり並べた。
だれも見ない。というか…
少しは見るが…
期待していたほどではない。

元ハム屋が「漫画ですよ!漫画」というので
昔、買いためた「美味しんぼ」を並べた。
しかし、連載がどんどん続いているようで…
足りない分は、石鳥谷の熊谷君が寄付してくれた。
結構、見ている人が、多くなった。
毎日、朝定食を食べに来て1時間ぐらい読んでいく人もいる。

なるほど!食べた後の時間に、ちょっと読むのは漫画かぁ〜!

食堂で、ちょっと読むのに長居は無用である。
漫画を1本読むくらいが良いのか…(1冊ではない。1本である)
と言いながら、元ハム屋は、西原理恵子の本を大量に持ってきた。
多分、引っ越しに不要になった漫画だと、思うが…
西原理恵子というのは、初めて知った漫画家だ。
(「三丁目の夕日」の西岸良平は知っているが…)
並べておいたが、同じ本が二冊有ったので一冊手にとって見た
なんだ?これは?
食と農に関係がないじゃないか…

やはり食堂は子供を連れてくるところだからと、絵本を置いた
「はなちゃんのみそ汁」は、
食事をしたおばあちゃんが「良い本だから大事にしてね」と言ったそばから
子供が味噌汁を、こぼしていった。

西原理恵子は、子供は見ないが、絵本は子供も見るし、大人も短時間で読める
これは絵本をおくべきだと、Amazonの中古絵本を漁った。

「世界で一番貧しい大統領」のウルグアイ大統領ムヒカの演説の絵本もあった。
それと並んで
「小学生の僕は鬼のようなお母さんにナスビを売らされました」

と言う絵本が有った。これが絵本か?と思いながら、
”実話で”
”最後のどんでん返しが…”と説明があったので取り寄せた

僕らが幼い頃は、
桃太郎とか…
金太郎とか…
花咲かじいさんとか…
忠臣蔵とか…
アルゼンチン(アンデルセンかもしれない)とか
グリーム(グリムかもしれない)とか
古典的な童話が多かったが、

親になって買い与えた絵本は
「ぐりとぐら」とか
「てんぐちゃんとらっきょ」とか
「サルカニ合戦」とか…
(仕事が忙しくて、ほとんど覚えていない。大体が母親の仕事だ!)

最近は教訓めいた絵本が多くなったのか…
色々と教えられる絵本が多くなった。
それだけ学校や親の教育を当てにしていないのか?


「小学生の僕は鬼のようなお母さんにナスビを売らされました」は、
読んでのお楽しみ。
「売るということの難しさと大切さ」が書いてあります