値上げを言ってきた。
仕入先からである。
「こんどから値上げをするので見積書を持参する」
もう一軒な
「家族経営的なものから、企業経営に大きく変更するのでこれを機会に採算を見直したい」
そんな話だ

「値段を上げる」というのは、なかなか難しい。
積み上げて値段が合わないから値段を上げる
というのでは、積み上げたものが妥当なのか…という問題が有る
それ以上に、なぜ上がるのか?という説明が必要である。
そして、徹底して無駄を省いた合理化を実行しているのか?

生産者が直接に消費者に販売しているのなら、双方が駄目ならやめる、了解なら上げる。
ということで良いのだろう
しかし、仲介の労を取る者(野菜畑)にとっては、双方(仕入先とお客)の納得を得なければ子供の使いである

仕入先が、”そんなのめんどくさい、嫌ならやめたら”というのも一つの方法である
大きなメーカーや流通は、そのように彼らのシステムを押し付けてきた。
ちいさなメーカーや流通は、その間隙をついて商売を広げてきた。

「産直」もそうである
ちいさなときは、それぞれのお客にきちんと対応してきた。
値段は感覚である。(相対のおまけがあった)
大きくなると、大量の商品を並べてお客が選ぶという対応になった。
値段も、あくまでも相場である。(一方的な値付けである)
当店のような”中途半端な流通”は、値上げに対して対応を間違えると、その存在価値が疑われる。

農家のために…生産者のために…
ということで始まった産直も、これだけ地方経済が悪化していると
農家ほど…生産者ほど…安定しているものも、ないのではないか
何と言っても働く場所があり、食べ物があるのだから…

 

朝、店に通う道で、乳母車にゴミの袋を積んでゴミ出しをしている一人暮らしだろう老婆がいる。
だれも面倒を見てくれないのか…
弁当屋からいつも二食の弁当をかかえて変える老人がいる、朝昼兼用と夜の分だろうか…
市場からでる残り物を販売している店に、群がる客がいる。
標準年収以下といわれる貧困率が16%だという。
ひょっとして、それ以上にいるかもしれないと言う。

農家は、長い付き合いだから、その暮らしぶりは、ある程度予測がつく
しかし都会の人は、壁一枚隔てて隣は何をする人ぞ?だれも知らない。

政府や日銀は2%の物価上昇というが、それが貧困の解消にどんな意味を持つのか…
一つ一つの値上げに何故?という強い疑問を持たないと、野放しになってしまうのではないか…
農家の生活と…お客の生活と…お互いの理解がないと…
それを取り持つ(?)のが流通なのか…

流通不全

と言いながら、消費税アップの納豆の値上げがなかなかできない。
毎日食べるものだから…(泣)