またまた金沢から、かぶら寿しの詰め合わせをもらった
その中に”ふぐの子糠漬け”が入っていた。
ぬか漬けにこっている入道としては、是非賞味しなければ…

それよりも久しぶりに、フグを食べてみたかったのである
フグを食べなくなって、久しい。
子供の頃から、フグは猛毒という認識があった。
青年になっても食べたことはない。
だれだか歌舞伎役者があたって死んだという話もあった。
社会人になっても、食べたことはない。
それが一変したのは、ひれ酒である
いや、ひれ酒と共に、”てっちり””てっさ”を食べる20代中頃の大阪時代である
道頓堀に安いフグ屋が、軒を連ねていた。
東京では高級料理だったので驚いた。

香ばしいひれ酒と、淡白なてっさを食べた。
あまりにも淡白すぎて、美味しいと思ったことはない
これが高級フグか…とB級フグ屋で思った。
フグよりも、ひれ酒だった。

てっちりも、鱈鍋とどう違うのか…と思った。
味覚音痴を自認した。

それが東京へ転勤して、両国のフグ屋へ行った
「厚く切ってくれ!」と、接待先の得意先の人が言った
”薄く皿の模様が見えるように着るのが技だ!”と一般的に言う
その店は、厚く切った。カツオのように…
喰いごたえが有った。そのボリュウムと濃い味は。インパクトが有った。
まるで白鳳と入道のガチンコ勝負のような、一方的な負けだった・

それ以来、てっさは食べたことがない。あの味にまさるものは無いからである。
しかしヒレ酒は美味しい。ストーブの上でヒレを炙り、チンチンに熱くした燗酒に入れる。
ふうふういって、アチアチと言いながら喉に流し込む。
あの香ばしいかおりが、鼻から、喉から、口の周りにまとわりつく。
至福のひとときである。

安いものが好きなのである。昔から…

そして、いつもは、”ふぐの子”など口に入らぬ
いつも口に入れるのは、
海辺の育ちの魔子様が嫌う「生臭い!生臭い!」という

”ししゃもの子供”である

しかし、ふぐのこ糠漬けは
塩と糠と糀を用い、伝統の技法にて2〜3年発酵させ、毒を消し旨味を引き出した。
昔ながらの保存食で塩辛さが特徴です
とある
塩辛いのである。特別に…
酒が…ご飯が…なんでも…すすむのである。