浅田次郎のエッセイを読んでいる。
なんでも日本航空の機内誌に連載したものだとう。
浅田次郎は、「壬生義士伝」が映画化されたときから、読み始めた。
壬生義士伝は盛岡を題材とした映画だから!と勧められて見に行った。
久しぶりの映画館で、その小ささに驚いた。
それまでは高倉健の「鉄道員(ぽっぽや)」をテレビで見たような気がする

 

読み始めたと言っても熱心に読んでいるわけではない
目についたものを、ちょと読む程度である。
このエッセイは、たまたま時間が有ったので上盛岡のさわや(本屋)で手に取った
ハマってしまった。
この中で浅田次郎の娘が「岩手医大」だと書かれ、そのために盛岡に何度も行く機会があり
「盛岡をテーマにした小説を…」ということで”壬生義士伝”が生まれたと言う逸話が書かれていた

浅田次郎は、ちょうど一年下である。同世代の作家である。
だからエッセイの中で書かれている昔のことがよく分かる

やはり小生と一緒で英語には苦労したらしく、JALの機内誌らしく海外旅行のことがよく書いてあるが
通訳といつも一緒だ。
ペンクラブ会長も務める大作家だから、編集者も一緒の大旅行のようだ…

そのエッセイの中で「EVER VENDING STORY」というテーマが有った。
この意味が、わからない。
高校のときに買い求めた古いエッセンシャルの辞書を引いた。
「辞書を引く」という言葉は死語になったのか?
今、辞書などという本(?)は使わないのか?
パソコンで入力すると、すぐ翻訳されるのでは無いだろうか?
そんなことを思いながら、時代遅れのおっさんは、辞書を引いた。
なんとVENDは「売る」という意味だった。
売るという英語は「SELL」しか知らない。
なんと貧困な英語力なのだ(泣)

そしてVENDING MACHINEは、自動販売機だという
エッセイは日本に自動販売機が多い。海外ではほとんど見当たらない。ということを書いてある
そしてコミュニケーションを取らないで買い物ができることの疑問を投げかけていた
なるほど!そうだ!そうだ!と思いながら自分の英語力なさを嘆き、

それだけではない。
冷たく、熱いものが出てくる自動販売機が、どれだけ電力を食うか?
日本に自動販売機が、なかりせば原発は必要ないと言う人もいる

便利な自動販売機が、どれだけのデメリットをもたらしているのか…
考えさせられる

当店は街道沿いに有るために、さまざまな自動販売機の業者がやってくる
すべて断っている。
売上だけで考えて良いはずはないのだ!

と言いながら、赤字に悩む毎日である