窓ガラスが凍った

冷えた!

そういえば最近この「冷えた」という感覚がない
以前は…と言っても、20年前は、こんなものではなかった。

油断すると、水道が凍結するのは当たり前だった。
「水を降ろしておいて…」と今は認知症だが、当時はしっかりしている母に言われて、
お江戸の生まれの魔子様は、台所の棚に乗せてあるポットの水を下におろしたそうだ

スープの冷めない距離に孫がいる家がある
築40年は経っているだろうか…
ドアが凍りついて。あかないと言う
寒すぎて2歳の孫は、家に帰りたくないと言う

店は冷え切っている。
以前は、砂利をしいたテントハウスだった。
外気温と室内と一緒だった。
大根が棒のようになった。
卵も凍った。凍った卵は、割れない
リンゴの蜜のところが凍った。溶けても売り物にならなかった。

今の店の基礎は、コンクリートだ。深く打ってある。
それでも室内は冷えている
冬でもソフトクリームが時々注文がある
ソフトクリームの設備は、水冷式である。その水が凍った。

ボイラーで沸かしている温水も出てこない
ボイラーに供給している水道が凍ったようだ

魔子様は喜んでいる。
江戸と違って”ごきちゃん”がいない。
当たり前だ。この寒さで生きられるゴキブリがいるか?
ゴキブリのような男はドテラを着て生息しているが…

 

そんなときに小正月だ。
お粥を振る舞い、ミズキ団子を飾った。

ミズキ団子は小正月のお飾りだという

岩泉の彼は言う。「岩泉らしく質素だから…」
赤・黄・緑のカラフルな団子ではなく、そば粉と米粉だけの質素なミズキ団子だ
無病息災・商売繁盛・飲酒呑友・家内安全・桃色遊戯・

さまざまな願いを込めてミズキ団子を焼いて食べた