先日テレビで見た。外山滋比古である。
30年を掛けて200万部売れた!という文庫本のニュースである

100万部売れたらミリオンセラー(大ヒット)だと言うのに、
その2倍200万部を30年もかかったと言う。
しかし、30年でも売れればいい。売れないで消えていく本がいかに多いか…

この本は、確か買ってある。と思って手を出さなかった。
多分、買ってある。
今までに買っていないと思って家に持ち帰ると有った。
それが、二回や三回どころではない
同じ本を、三冊買ったことも有る。(魔子様には内緒だ!シッ)
三冊目を本棚を整理して見つけたときには、あまりにも記憶力の悪さに泣けた。

この本は、絶対に買ってある。
だから30年間買わなかった。買わない訳がない。
そして読まなかった。読まない訳がない。
しかし、気になっていた。
なんと言ったて、「さわや書店の松本大介」

もっと若いときに読んでいれば…

と言う言葉が帯に書いてある。

覚悟した。
多分、本棚を整理すれば2~3冊出てくるかもしれない。
しかし、読まなければならない。
なんとしても今、読まなければ…

本を開くのが恐ろしかったが…
最初のページで引き込まれた

 

グライダーの話だ。
機械工学でも、流体力学でもない
教育の話である。学びの本質である。
飛行機は自力で飛ぶことができる
グライダーは自力で飛ぶことが出来ない
つまり、日本の教育は(学びは…)
学校と言う人間養成所でグライダーと言う、
自分で考える力を持たない人間を量産している
自分で考える飛行機型人間を、作ることができない
人間は本来、両面の機能を持っているのに…
これからグライダー型人間にエンジンを搭載して飛行機型人間を作るにはどうしたらいいのか…
グライダー人間では、コンピュターに取って代わられる。

と第一章から手厳しい。
しかし、これは30年前の文章であるが、
30年経って今のコンピューターは将棋界・囲碁界の名人をなぎ倒し、飛行機型に近づいてきている。恐ろしいことである。

 

そして今朝は、第三章「朝飯前」を読んだ。
ようするに「朝飯前」と言う言葉は、「簡単だ」という意味に取られるが

朝のほうが頭脳が明晰であり事柄がよくはかどる。
と言う意味だという。
それは作者も体験して実感していると言う
だから朝飯前の時間を長く取ることが有意義な時間活用方法であると説く。

早朝に起きて一区切り着いたら朝飯を食って寝る、
目が覚めたら、本を開いてまた朝めしを食う
ようするに二度朝飯を食っている間に時間は夜になるという
朝飯前の時間を、いかに取るかが工夫のしどころである。

なんだか自分の生活と一緒だ
朝2~3時に起きる。
ネットサーフィンや、本を読んだりしていると、
いつの間にか腹が空き4〜5時ごろ朝めしを食う
食べると必然的に眠くなる。軽く睡眠をして6時に起きて店に行く。
店で怒涛のような午前中の時間を過ごし、午後になると眠くなる。
ちょっと一休みすると、もう閉店時間である。
それから翌日の段取りをすると、もう夕食の時間である。
気がついたら、テレビの前で盃を抱えて、ニュースを見ていた。
それが終わると朝飯前の熟睡に入る

これが、ここ5年ぐらいのスタイルである、
それ以前は、朝型であるが、ここまで徹底しなかった。
しかし、このスタイルは時間が早く過ぎる
あっという間に60代も後半に突入である。

効率的に時間を過ごすことが効率的に老化すると言う実践的体感である。
しかし、もう一冊本棚の片隅に有るだろうという想いは消えない