こびる食堂で提供するご飯を、5分搗き”にした、
そのほかに選べるご飯として”玄米”も…
玄米と5分搗きの二本立てである。

朝定食の客が、お替わりをしてきた
一人の客は「家で玄米食べているから気にならない」といい
もう一人の客は「5分搗き?」と怪訝そうな顔をした
どうやら気が付かなかったようである。

心配していたが、そんなに問題は無いようであるが…
魔子様が
「ちょっと粘りがたらない」と言う
そう言われてみれば、そうかもしれない

まぁ〜すこし様子を見て反応を伺おう

 

今日は日曜日、雨がパラパラ降って曇り空の寒い日である。
薪ストーブが、嫌に暖かく感じる日だ。
午前中パラパラの客だった。
レジに立って在庫を調べていたらポツリポツリと食堂の客が入ってきたが、立て続けだったのでちょっと心配になった。
魔子様の声が聞こえる。
「ご飯がないので…」
梅さんが「麺類なら、すぐ出来ます」
魔子様が「ご飯がないので…」「ご飯がないので…」

あわてて厨房を覗いた。
「”ご飯が無い”という言い方はないだろう
”後、何分ほど掛かりますが、お待ちいただけますか?”といえ!」

魔子様いわく
「今、3合炊くようセットしたばかりで、
その3合でも足りないほど注文が入っている」

”唖然!”
日曜日の昼早くに、ご飯が無くなるなんてどんな量の管理をしているのだ。
日曜日は遅くまで客が来る。多少多めに炊いても問題はないのだが…
魔子様の心配性は「残ったら困る」のである

だから細かいロットで、何回も分けて炊く
しかし、羽釜のガス火だ。一釜炊くのに早くても小一時間はかかる。
一度に大勢の客が入ると、手に負えない
まして日曜日だと、家族連れが多い。
一家族で3合など、あっという間だ。

次から次へとやってくる客に、店頭売りの”玄米おにぎり”や”赤飯””玄米の炊き込みご飯”を勧めたりして、急場をしのぎながら

慌てて一升炊いた。
一升炊くのに一時間はたっぷりかかる
炊き上がった頃、潮がひくように客は消えた。

%e3%81%93%e3%81%b3%e3%82%8b%e9%a3%9f%e5%a0%82%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af085 imgp3542