月末の昼前。
保険料と税金の支払いに郵便局に行った。
弁当の配達の途中である。

imgp4671

配達指定時間は12時。

十分に余裕があるから、郵便局に寄って…
と思ったら駐車場が満杯。それだけではない、郵便局に用事のある車だろうか…何台も停まっている

これでは配達指定時間までに終わらない。
後回しに、しよう

というのが”先を見通した失敗”の大きな原因だ。
配達場所は駅裏の県の大型施設。
そこへ行く道を走らせて、いつものT字路を、右方向から来る車はいつもいないのでスピードを落とし、左折した。

そこへ突然、一人のマリオが棒を振り上げ飛び出してきた

あぶない!このやろう!轢き殺されたいのか?

慌てて急ブレーキを踏む
「アブねぇじゃねぇか〜」と怒鳴りつけようとしたら

先に言われた
よくみたらマリオのような警官だった。

「一時停止の標識が見えませんでしたか?」
「そんなの有るのか?」
「見逃したのですね」
「そもそも。そんなのない!」
「後ろに警官がいるところがありますので、そちらに寄ってください」

振り向くと4〜5人警官が、たむろしている
一人だけと思ったら塊でいやがった。
「弁当の配達が12時なんだ!(哀願調)」
「5分で終わりますから…」

しかたなくUターンして警官のたむろしているところへ向かった
以前ネットで
違反したときに情状酌量で見逃してくれる方法というのが有った

停止させられたら、
”即座に免許証をだし、ドアを開けて警官に向かって歩きはじめる”
と言う態度が、素直でよろしいと書いてあった

これだ!と思って免許証を探し出して、ふとドアの外を見ると
もう警官が立っていた。

早すぎる!

2〜3000円かと思ったら、5分待って7000円の切符を切られた

imgp4676

帰りは郵便局に寄って

保険料と税金と二つの納金が、反則金が加わり、三つを納める羽目になった。

日銀が物価を2%上げられなかったために、反則金をぼったくったのだろうか?
あの手この手で、金を吸い上げようとするアベノミクス!