牛乳のでたらめな記事を信じないで…

というBlog(?)を読んだ。
そして様々な議論が有るとも…

酪農家が「安全」と言うのも当然である
日本の食べ物は、基本的に相当吟味されている
「相当」であるから…ある程度と言う意味も含まれる(?)

 

先日の裁判で、山菜やキノコの放射能の問題は大丈夫か?という疑問を持ったが
やはり天然モノは十分に気をつけないといけないという感じを持った。

当方を訴えた農家の原告は「たらの芽は露地栽培だ」と言った
「栽培」と聞くと安心するが「露地栽培とは?」と思って尋問すると…
「露地栽培とは?」「植えて収穫をしているだけだ」という
「風雨にさらされる環境では?栽培管理は?」
と聞くと「自分が植えたのだから栽培だ!問題はない」
「普通、そういうのは”野生化している”というのだ!」というと
裁判官は「尋問ですので意見は言わないで…」と言う
農家の原告は、納得いかない顔をしていた
有る行政官は「この写真を見る限り野生としか思えませんね」と言った
国は、口に入るものは、厳しいチェックをしてるのであるが
農家は自然の中で生きている。
深く考えている人は、少ない。
社会のルールではなく、自然の中で暮らして判断しているのである。
放射能のような見えないもの…感じられないものは…無視(?)なのである

 

畜産は、ちょっと変わっている
植物と違って目の前に生きていて動くものを育てているのである
「家畜」と呼ばれる
ある学者は、
「家畜は人間の都合で作られた動物だから、余すこと無く食べないといけない」と言って田んぼに話した合鴨を食べるように勧める
ある農家は「何ヶ月も育てていると、屠畜するのが忍びなくて…」と言って動物園に寄付をする。それは他の動物の餌になる(?)

0-39

なんだか一つ一つ、もっと深く掘り下げないといけないのだが…
掘り下げると、長くなりすぎる
あちこちと飛んでしまって収拾がつかなくなる

 

そこで酪農の場合だが…
基本は、「牛は草を食べて、乳を出す」のである
それが、”とうもろこし”などの穀物を食べさせて乳を出させることに問題が有る
穀物を食べさせると乳が大量に出るというので、世界で飢えている人が大勢いる中で、わざわざ穀物栽培して食べさせることが良いのか?

引用

アメリカの農地の80%が肉の生産に使われ、生産されるとうもろこしの80%、オーツ麦の95%が飼料になり、その他大豆ミール3000万トンが家畜飼料用に使われています。穀物をそのまま食べるのではなく動物に与えてその肉を食べるというのは非常に効率の悪い食物生産方法です。たとえば牛肉を1キロ生産するためには8キロの穀物が必要で、高級霜降り肉だと10キロ必要です。一番効率がいいといわれる七面鳥でも3倍の穀物が必要なのです。

今、日米の人が肉の消費量を20%減らすだけで世界の飢えをなくすだけの穀物が余るといいます。 

1ヘクタールの蛋白質生産量

大豆

404kg

301kg
トウモロコシ
239kg
豆類
218kg
牛乳
93kg
89kg
51kg
牛肉
23kg

http://www.geocities.jp/vegenoki/index.htmより引用

終わり

そして、草だけを食べさせると年間4000キロリットル搾乳できる
それが穀物を多給すると10000キロリットル搾乳する

そしてその量が落ちるとお産を1回か2回させると肉にしてしまう
草だけ食べさせると10回以上お産をするし乳量も落ちない

動かさない
動くとエサをたらふく食べるので、飼料効率が悪いから畜舎に繋いで飼う。
それが動物福祉と言う面で良いのか?

牛が牧場でのんびりと草をはむ絵が書いてある
あれは、乳量が落ちて次のお産までの待ち時間なのである
それが終わるとほとんど日が当たらない畜舎につながれて乳を絞られる

その乳は安全である

家畜である乳牛は、一回か二回のお産で役目を終え
次は国産牛として量販店に並ぶのである。

2003_0907%ef%bd%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%b9%b4%e3%82%b5%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a0014-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

その飼い方に疑問を持つのが山地酪農である。
「本来人間が利用できない草を食べさせてその乳をいただく」
と言う考え方で国内に数えるほどの軒数だが、やっている
しかし、それの問題は、乳量が少ないから売上が上がらない
牛乳は、生乳を集めて保存して飲料用にするには設備投資がそこそこかかる
そのため農協が一手に引き受けている。そこから大手乳業メーカーに分配される

リットルあたり100円前後で引き取ってくれるのが、山地酪農の場合はリットル60円(草だけなので規定の成分が少ない)となる(最近の値段は不明)

いきおい、ある山地牧場のように1㍑1000円を超える値段で売らないと合わない
大体、水より安い牛乳をガボガボ飲むというのが間違いなのである。
おいしい牛乳を少し飲む。日本人は乳糖分解酵素が少ないのだから…

 

そこで問題になるのが貨幣である
本当に必要としている人に安く提供し、金を持っている人には高く売るシステムがないか?
つまり牛乳からカルシウムが必要な人は、安く
安心だからと飲む人は、高く売る
そんな経済システムが必要なのではないか?
(これをエンゼル係数と言う。エンゲルではない)
そんなことを考えているのだが

 

根本的には生産を替えないと…
何と言っても石油漬けの畜産である

油を使って採草地を耕し
油で出来た電気で保冷して
油で運送して
油で加工して
油で配達して回る

油がなかったら、なりたたない畜産なのである
4000㍑/年に搾乳できるのなら、
10軒の家で、油を使わないで一頭の牛を飼うシステムを考えないと…