東北大学の研究グループが1975年(昭和50年)当時の食事が、健康に良いという発表をした

と言う記事があちこちに載っている

下記引用

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-3-49-38

今回の実験では、年齢20歳から70歳までのBMI指数が24〜30以下の軽度肥満者(60人)と健康な人(32人)の計92人を対象に、1975年の日本食と現代の食事を食べてもらった。
1日3食28日間食べてもらったあとに、健康診断を行ったところ、1975年型食事を食べていたグループでは、BMIや体重が明らかに減り、悪玉コレステロールや糖尿病の指標となるヘモグロビンA1cが減少傾向を示す一方で、善玉コレステロールは増えたという。

 

また健康な人32人を現代食と1975年型の食事を食べる2グループに分けて実験した結果、1975年型の食事を食べたグループでは、ストレスが軽減されて、運動能力が良くなることがわかった。

 

実験で再現した1975年型の食事の特徴は、▽主菜と副菜を合わせて3品以上になるよう、さまざまな食材が少しずつ使われており、▽調理法では「煮る」「蒸す」「生」が多く、食用油を多用する「揚げる」や「炒める」は控えめだった。▽食材では大豆や魚介や野菜、果物や海藻、きのこ、緑茶を積極的に摂取しており、▽調味料では出汁や醤油、味噌、みりんなどの発酵系調味料が多く使われていたという。

 

実験を行った都築准教授は「約40年前の日本食が健康にいいと広めることで、現代の食生活を見直す食育に役立つことが期待できる」と話している。

以上引用

昭和50年前後が時代のターニングポイントではなかった?
と今にして思う
たぶんこの論文から出てきたのだろうが…
「昭和50年ごろの食事が脂肪とタンパク質のバランスが一番いい」と聞いた
それ以前は足りなくて、それ以後は多すぎると…

そういえば子供の頃思い出のメニューと言えば時折出てくるライスカレー
夜食で食べるインスタントラーメン
唐揚げとかは、無かったし
油料理と言っても天麩羅もときおり出てきたような気がするが記憶にない
おかずといえば、独りで一個は食べられなかった「納豆」と「卵」
何と言っても野菜の煮物やお浸し漬物、煮魚・焼き魚であって
魚の種類は…「塩引き」という「鮭」でしかなかった?「鱒かもしれない?」
そうそう母が作ってくれた小麦粉を揚げて砂糖をまぶした穴のあいていない「ドーナッツ」(ひょっとしたら揚げパンか?)
残ったご飯を乾燥させて揚げて砂糖をまぶしたものもおやつ代わりに食べた
そして果物といえば林檎とみかん。
バナナは夢の食べ物だった。
要するにご飯と味噌汁に、野菜と魚が主菜だったのである。

それが新入社員は49年入社だから、ちょうど50年前後である
自分で金を払って食事をするころと重なるが
吉野家の牛丼、ピザチェーン、どさん子ラーメン、餃子専門店など肉の油料理を食べさせるチェーン店が手てきた
たぶんそれまであてがわれた食事だったから、気が付かなかったのだろうと思うが…
散々食べ歩いたおかげで就職前は70kg前後だったのが一気に80kgを越えた

それから散々ダイエットを試した来たが
どれも効果があった試しはない
一時期効果があったのは30代初めて行った
奈良県信貴山の断食道場である。
10万の費用と、一ヶ月の時間を掛けて10kgの減量に成功した。
しかし。半年かけてそれは戻った(泣)

そして5年前の食道がんである
これは30kgの減量である。
96kgから66kgへ…
5年経過して、今も67〜8kgをキープしている
何と言っても、食道の縫い目が食事を通らなくしているのだ
「食道がんの手術」驚異のダイエットである

しかし、この東北大学農学部の研究は、ダイエットには大きな福音である。
当店の弁当や定食は、肉が少ないと言うか、バランスからいえば野菜の種類も量も多い
当店の定食弁当を、いつも食べることによって「痩せる」ということを、店に働く人が証明しているのだから…

よかった今頃にこの研究が発表されて…
これが5年前だったら…