「タベログ」に掲載されている
もう何年になるだろうか?

https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3004729/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-5-10-09

最初の頃、口コミが気になった。
毎日のようにページを開き、口コミのかき込みが無いか?確認をした。
悪評の口コミがあると、その対策にやきもきした。
しかし、それを改善したからといって、良くなる風には感じない。
いやそれ以上に客が増えているという実感はない。

そのマンネリのせいだろうか、最近
”タベログのページを改良しませんか?”
というセールスや
”タベログの広告の仕方を替えてみませんか?”
とかという電話での呼びかけが多々ある

大体が女性の声である。
女性の声でなびくと思っているのだろうか?
(すこし、なびくが…。映像も見せればもっとかもしれない(?)

しかし、そのあと但し書きが付く
「あとで担当の者から連絡がありますから…」
だいたいが男の声だ

女性はパソコンの前に座り、朝から晩まで片っ端から電話をしているのだろう
そしてアポイントが取れたところへ男の営業を派遣する。
そして営業は「プランを作成しますので、現況を教えて下さい」という
ふとかかってきた電話番号を見ると「0120…」である
たぶん都会から田舎に行くので旅費の削減のために営業マニュアルがあって、それに基づいて喋っているのが一目瞭然である。
こういうときは、はぐらかしてやる。
「現況を教えるほど信頼をしていないが…まして数字の現況だけで出来たプランなどで良いプランができるはずがない」
と言うと、黙ってしまう。
マニュアル化から外れたことは、喋られないのである。

商売の鉄則に「利は元にあり」と言う言葉がある。
これは単純に言えば「仕入先を大事にしろ、仕入先が儲けさせてくれるのだ」ということである
これが昭和50年代から「消費者は神様です」「消費者ニーズを大事に…」ということで180℃転換してしまった。
要するに消費者は、自分のほしいものを言う。それを集めて売れば売上があがる。と言うことだが…
そこに消費者の思惑も入ってくる「〇〇店は、やすかったわよ!」「××店はサービスが良かった」
しかし仕入先は、競合店舗の情報を教えてくれる。
「あちらでは今度、こんなことをやろうとしております」「あの店が売上が伸びたのは〇〇のです」等々
どちらが有益な情報になるか?ということは単純には言えない。
しかし、当店のように「他店にはない。独自路線を貫きたい」と思う店にとっては、仕入先の情報は大切である。
その仕入先が、マニュアル化されたプランで営業に来てもらっても、お互いに時間のロスである。

以前は、支店があって。またその出先の営業所があって、懇意な営業マンがいて…
と言う仕組みではなく、直接本社から飛んでくる。または現場を知らない本社から指示が出て動く営業が増えてきた。
だんだん、人を育てるということよりも効率的に社員を動かすと言う仕組みである。
それは、長い目で見た場合に良い結果をもたらすのだろうか…
単なる目先の効率化による経費合理化でしかないのでは…