「たぶん」都市部に住んでいる多くの人が、道路が陥没して不通になる影響を想像出来ないだろうと思う
現代人は、そういう意味で便利さに慣れてアタリマエのことと思っていることが当たり前にならないのが自然災害です。
下記は、以前岩泉町有芸に住んでいた元ハム屋のレポートです

 

スクリーンショット 2016-09-03 6.16.20 スクリーンショット 2016-09-03 6.17.39

岩泉町内では大水害から3日目の夜を迎えようとしていますが、未だに孤立している集落が多くあります。

有芸地区の一番奥にある水堀集落も道路が寸断され、徒歩でしか行き来出来ない状況です。養豚や酪農家を中心に6軒が住んでいますが、当然電気も止まったままです。水道はもともと山奥過ぎるので、上水道は無く各家ごとに井戸があります。但し井戸の水を汲み上げるポンプは当然電気で動きます。

岩泉の養豚農家や酪農家などは大震災などの経験もあり、ほとんどの家で発電機を持っています。電気が無いと仕事にならないだけではなく、最悪の場合牛や豚が死んでしまうので。

ところがその発電機も燃料となる軽油が無いと、動かないわけです。停電から3日目を迎え、そろそろ燃料も底が見え始め、農家さんの悲鳴が聞こえ始めていました。

そこに今日、軽油400Lが宮古市から 井田 裕基 (Yuki Ida)くんの手配と運転で、櫛桁 一則 (Kazunori Kushigeta)さん 古舘 裕三 (Youzoh Furudate)さんのご協力を頂き、運ばれてきました。本当にありがたいです。

有芸地区は岩泉町ですから、いつもであれば20分ほどで岩泉の街中へ降りていくのですが、そちらの県道は何か所も大規模に崩落していて通行できません。し かしお隣の宮古市に抜ける県道が幸いにも通れる状態になったので、宮古市には1時間以上かかりますが山を超えていく事が出来ます。

そのため宮古市からわざわざ有芸地区まで、燃料を運んできてくれました。有芸地区で地元の人に引き継ぎ、徒歩でみんなで運び、無事水堀集落の農家に軽油が渡りました。これで数日間はしのげると思います。その間に何とか道路が開通してくれればいいのですが。

ちなみに水堀の一番奥にある龍泉洞黒豚ファームで、大学の後輩が1名研修中でしたが、軽油を運んできた車に同乗して無事岩泉を離れることが出来ました。本 当はこちらがメインだったのですが、ついでに「少しでいいから軽油を」と言ったら井田君の手配であれよあれよと大きな話になり、400Lなんて話になりま した。

井田君を始め、ご協力頂いたみなさん、本当にありがとうございました!

スクリーンショット 2016-09-03 6.15.58

美味しい肉が食べられるのは、ライフラインが不安定な地方で生産している農業のたまものです。国内で作られる意味、地方で生産される意味を、もっともっと都会の人は考えてほしい。