手術を重ねるたびに、今回は、きちんと脳裏に刻み込んで…
と想いながら手術に望む

最初の手術は、心臓だった。
ただただ早く無事に終わることを望んでいた。
手術室に入る前は、今生の別れかと思った
そのせいか手術室に入る前に麻酔が効いて寝てしまった。
記憶に留めるも何も手術室の扉しか覚えていない。

二回目は記憶にとどめようと思ったが
手術室に入って、手術台はみたが…
それっきり記憶が無い

三回目は、こんどこそと想いながら
金属製の手術用のベッドに横たわって麻酔を打たれるまでは記憶していたが
金属製のベッドは冷たかった
部屋はメタル色に光り輝いていた記憶しかない

四回めの手術室は、白内障である
これまた眼球の手術だから「気持ちが悪かった」
目玉が取れたらどうしよう!
眼球にメスをいれるのか?
切り開かれた眼球を、どう縫い合わせるのだ!

などと様々なことを考えたが…
最初は延期になって、二回目でようやく手術をした
しかし、それよりも大震災で手術の記憶が残っていないし
白内障は”明確に視野が変わる”という経験は覚えていない

さて今回の白内障の手術は、しっかりと記憶しようと臨んだ

日帰りだから、手術着に着替えて外来用のベッドに横たわり、何回も眼にミズのようなものを掛けられた
三分おきぐらいである。

それを一〇回ぐらいやって、手術室に呼ばれていくと、大きなアームが乗っかっている床屋の椅子のような手術椅子があった。
そこへよじ登り、あっという間に倒されて、医者が
「麻酔をウチますよ…」と

なんと眼球に、一瞬痛みが…走った。

そのあと眼だけ露出する布を被されて、真っ白な光が目を覆い
水のような液体をかけられながら、
海の底から空を見るような映像が五分ほど流れた。
スクリーンショット 2016-06-30 5.57.37

そして終わった

終わってから「朝まで眼帯を外さないで…風呂に入っては駄目、アルコールも駄目。あとは何をしても良い」と言う
しかたがないので、アルコールはやめて、ビールにした。

翌朝、朝一番に病院に行くと眼帯を外す
なんだか手術したほうが透き通ってよく見える
視力も0.2ぐらいだったのが。1.2になっている。
手術しない方が曇ってみえる
なんだこれは…
と想いながらまわりを見ると二重になっている

どうやら今まで無理して焦点を合わせてきたのが癖になってしまったのだろうか…
医者の診察は「問題無いですね…」と言う言葉と共に外へ出た

そとは明るくてよく見える
いままで曇りガラスになっていた風景が透明なガラスに入れ替えたようだ
二重になっていた映像も少しづつ戻ってきた

 

店に行くと、”ふっちゃん”と”討ち入り”どのの重量コンビが、きていた

「どぉ〜」と問われて
「スカート中まで透けて見える」

そんな感じのバラ色の世界が…
いやピンク色の…
いやババ色の世界が広がっていた。