魔子様が実家に戻った。

魔子様の実母が、認知症が進んだ上に調子が悪くて”入院した”と言う
もう91歳だ。いつ何が有ってもおかしくはない。
とりあえず東京の実家に一日だけ帰して、こちらの実母の面倒を見た。
何日も帰られると仕事に支障きたすからである。

店の揚げ物は弁当作りは、すべて魔子様の頭のなかに有るのだ
以前、実兄が癌でなくなった時、長いこと帰ってこなかった。
その時は人が大勢いたので助かったが…
今だったら、大変である。臨時休業をしなければならない(泣)

IMGP3248

母屋にいる母親の食事を作ろうと、何が有るか台所を漁った。
流しの下から長い筒が出てきた。バーボンウィスキーの瓶が入っていた紙の筒である。
開けてみたら米が入っていた。
コメだけど…やけに白い?餅米か?

炊いてみようと、鍋を探した。
そういえば南部鉄器の釜が有った。
以前、よく炊いていた南部鉄器の6合炊きの釜である
岩鋳で買ったものである
あの頃は飯を炊くことに、こだわっていた
やはり重い蓋でないと、美味いコメは炊けない
これで随分炊いたものだが、結局、店では小ロットを炊くのは新潟燕三条のアルミ合金の釜にした
蓋がずいぶん重いのである。
IMGP3241

久しぶりに炊くと時間の配分がわからない
よくいう

初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋とるな

言葉通りにとると
最初弱火で、中頃から強火、蒸らしは開けてみてはだめ
というふうに取られる

コメを炊くと言う調理技術は

煮る+焼く+蒸す=炊く

3つを合わせた調理を炊くというのである
関西弁で「おでんをたいたん」とか言うのはちょっと違う
あれは「煮た」を「たいたん」と言う関西弁の(京都弁か?)のである。

ご飯を炊くというのは、弱火で煮て、強火で焼き、火を落として蒸すのである。
いつの何気なく使っているが日本語は繊細である
そして60度でデンプンが糊化する

弱火というのは60度を長く続けることが、米を均一に煮ると言う作業なのである
そして吹きこぼれるほどに強く熱し続け、火を止めて重い蓋で蒸すと言う作業なのである
量によって若干の時間の違いはあるが、そう大したことはない

6合炊きの釜で6合炊くのは美味しく炊けない
若干余裕をもったほうがいいのだが、ちょうど6合の米のようだから
一挙に炊いてしまえ!と炊いた

IMGP3243

若干柔らかめだが、まずまず炊けた。
これを小分けにして冷凍をしておく

いざというときは、電子レンジでチンをして生卵か納豆をぶっかけて食べる。
また朝、冷凍庫から出しておいて、夜、残り物の野菜を入れてチャーハンにするか…
である

しかし、いつの米だろう
流しの下は確かに「冷暗所」であるが。冷蔵庫の野菜室のように温度は低くないだろう
米は冷蔵庫の野菜室に…
精米してから夏は二週間で食べきれる量を求めたほうが良いという!

一人暮らし、老夫婦などの少人数では、なかなか量がはけないから、炊いてから冷凍がおすすめ。