IMG_1928 IMG_1929

焼きおにぎりが、今のところ好調である。
ある人から
「三陸復興の工事業者が前を通るのだからおにぎりを販売したら…」
という話があった。

以前からおにぎりを販売している。
それは、前日の余ったご飯を握って翌朝、味噌をつけて炙ったものである。
それはそれなりに売れたが…
続かない。
朝の忙しい時間帯に、味噌を塗って炙るというのは時間が取れない
そういうわけで止めてしまったらしい

しかし、こびる食堂を利用できない(通りすがりの人)にはおにぎりは必需品である
また小腹を空いた時に、甘いお菓子はいらないが…
と言って、口寂しさを和ませるしょっぱいお菓子も今ひとつ。
そこで小腹塞ぎの小さめのおにぎりを…

そんな想いで作ったのが
玄米味噌焼きおにぎりであり、玄米醬油焼きおにぎりである。
焼きおにぎり三兄弟で玄米の塩焼きおにぎりも、検討はしているが…
何か塗ったというテリが良いのだろう。塩焼きではテリが出ない

玄米に使用するのは、武田哲君の合鴨除草の無農薬米「きらほ」である
その「きらほ」を圧力釜でモチモチに仕上げ、握る
それに秘伝豆の青大豆丸大豆オリジナル醤油「醤次郎」を塗りたくり
オーブンでカリッと焼き上げた「無農薬玄米醤油焼きおにぎり」
秘伝豆のオリジナル豆味噌「豆蔵」をみりんで伸ばして
オーブンで味噌を炙った「無農薬玄米味噌焼きおにぎり」

昔、母にせびって作ってもらった焼きおにぎり
懐かしい味の二種類。好評発売中

コンビニで様々なおにぎりが販売されている
コンビニに出来ないオニギリを模索中
アイデア募集中