桜が咲いた
店の桜が咲いた

ここは盛岡市内よりも標高がちょっと高い
たぶんあの急坂だから…
100メーターは高いのではないか?
”ちょっと大げさかな?”
話半分にしても50メーターは高いだろう
その分、市内よりも気温が2〜3度低い。
だから盛岡が開花と言っても。それから4〜5日ずれる
市内の早い桜が散り始めるころ。七分ざきかな?というところだ

IMG_1880 IMG_1881

満開は、今週の土日だろうか…
この桜は「太陽の桜」と名付けた
「太輔と陽子」の結婚記念植樹である
そのそばに八重桜がある。
これは、その祝賀会に参列者が植えた桜である。
”この八重桜の花を塩漬けにして…”と
と魔子様が、いつも言うが、収穫時期は、いつも連休の多忙の時である
取らなければ…採らなけれは…
と思っている間に散ってしまう。
今年こそ…
IMG_1879

しかし、満開は寂しい
もう後は、散るだけである。
今の頃(三分咲きから五分咲き頃)が、一番うれしい

「今年も桜を見ることが出来た!」と…
いつの頃からだろう

桜を意識するようになったのは…
ぱっと咲いて!ぱっと散る!
潔いと言うか、儚いというか…
長い歴史の中で、自分の人生を思わせるように感じるのは…

 

家の前の自転車道路の枝垂れ桜は、もう満開である。
このシダレ桜は、大きな立派な木だった
数年前のある日、魔子様が「テレビの電波が届かない」と言って役所に文句を言って切らせた
怒るということをしない魔子さが、怒って驚いたものだ。
その桜も復活し始めた。
店の奥の米内浄水場のシダレ桜は、連休の初め頃だろうか
店に飛び込んでくる客が
「米内の浄水場はどこ?」聞いてくる
いつもはゴールディンウィーク真っ最中が見頃だったのだが…
これも温暖化の影響か…

IMG_1872