「ものが隅々まで届かない」とラジオ・テレビが流している
必要な物が必要なところへ届けるというのは、いくら訓練していてもその時の状況に寄る
まして熊本地震のような、ほとんど予想してない場所の場合は、難しいだろう

東日本大震災の時もあった。
うまくいった例として「遠野」が三陸への物資の供給基地やボランティアの基地として活躍した例をあげられる
しかし、多くは熊本と似たような状況だっただろう

東日本大震災から数年たって岩手の沿岸に行き「現場の所長」という行政の担当者に話を聞く機会があった。
大手の宅配業者から「ものが届かないので配達する仕事が無い。避難物資を配布するお手伝いしたい」という申出でが有ったという
「それを断った。」と偉そうに言う所長がいた
あきれた
当時、盛岡の避難物資の集積場には大量に物が溢れ、人手もあまっていたが、ものが流れない
と言う状況がマスコミからいつも伝えられていた。
当然だろう
一年に一度ではなく数十年に一度のことである
いくら訓練しても、状況と違う設定が次から次へとおこる
震災になれた人などいない、まして年に一度の訓練で熟練するわけがない

物流になれた人を責任者に据えるべきである
行政ではなく、民間の物流業者を指名するべきである
それが行政の驕りで、多くの善意や好意が無にされてはたまらん
どんな時でも、或るところから無いところへものが流れることが大事である

0-060-07

0-92

 

そしてコンビニである。
コンビニに一日三回配送していると言う
その道路が渋滞して一回しか配達できないと言う
経営的に効率的なコンビニは、万が一の時には非効率のコンビニになった
以前の零細小売店は、在庫を抱えて商売していた
それは何か有った時に、地域の緊急物資に変わった。
そんな零細小売店を潰して、コンビニが増える
当然の帰結だろうが

日常を考えるか…
いざという時を考えるか…

両方考えないと…