IMG_1604

圧力鍋が壊れた。

というかパッキンがずれて蒸気が漏れるのである
まるで高齢者のパンツがずれて大小便が漏れる、みたいなものである(汚い比喩だ)

毎日使っているのだが…。
圧力鍋の中の圧力が高まってくると「蒸気が抜ける」のである

プシュ〜

と大きな音を出して抜けるのである
温度が下がって蒸気が抜けるまで待って、再度パッキンを装着して加熱すると

また

プシュ〜

と言って大きな音を出して抜けるのである。
いつも読まない取説を広げて読むと「事故があると爆発します」
と書いてある。
以前の圧力鍋だったら、ちょっと怖いが、この圧力鍋は厚いステンレスで出来ている
大丈夫だろうと思ったが、念の為に魔子さまの影に隠れて作業をした
小生に何かあったら大変である。店にとっても大きな損失である。

そして何度やっても

プシュ〜

と抜ける。よく見るとパッキンがずれるのがよくわかった
やはり高齢者のパンツのように横モレである。
パンツと一緒にパッキンを買い換えないと…と買った時から想っていた。
いつも予備を用意しておくのが経営者の勤めだ。
万が一のときの魔子様の予備は…(内緒だ)

 

圧力釜のメーカーに注文した。
戻ってきたメールには
「受注後2〜3週間かかります
部品の場合は一週間から10日かかります」

いまどきなんだ!
アマゾンのエロ本だって翌日到着する

こんな真面目な仕事の大切な部品が、なぜそんなに掛かるのか?
どこの下請けを使っている?
どこの倉庫を使っている?
どこの運送屋だ?

責任者出てこい!
神戸山口組に言うぞ!
尻の穴から指突っ込んで奥歯ガタガタ言わすぞ!(古い!)
と脅したら三日で着いた

その間、もちもち玄米を一日お休みし
古い圧力鍋で一度挑戦したが、もちもちは、
年齢を重ねた古い女性の鮫肌のようなザラザラの…、
いや脂ッケのない!さらさらの…玄米になってしまった。

メニューにもちもち玄米と書いてありましたが…
申し訳ございません。ようやく
20代の秋田美人のようなモチモチの玄米になりました。