IMG_1466

弁当の注文があった。

「原価計算をしたか?」と怒鳴る小生に
魔子様は「自由にやらせてよ」と怒鳴り返した。

弁当は、食材の原価など大したことはない。
どんなに高価なキャビアをつかおうと
天然の松茸を使おうと、弁当の使用量からいえば、
ほんの僅かで「キャビア」とか「松茸」とお品書きに書くと高級感が増すのである

一番原価でかかるのは、人件費である。
だから大抵の弁当屋は、出来合いの食品を買ってきて「切るだけ」の弁当である
「焼き魚」「卵焼き」はもちろん、食堂でも「大根おろし」から「やまいもとろろ」まで冷凍で業務用として売っている
人を雇って原材料からつくるよりも、買ってきたほうが安上がりなのである。
その殆どが作られてるのは、安い人件費の中国や東南アジアである。
弁当を製造していますと言っても、単に食材を組み合わせているだけのところが多いのである

テレビやオーディオ家電製品と一緒である。
部品は海外供給、組み立ては日本なので国産表示ができるという仕組みだ
国産だからよくて海外産だから悪いと言う意味ではない

 

そして弁当の注文なのだが…
「6個の注文なのですが…子どもが一人卵アレルギーで…
使用している料理を書いていただけたら…」という注文だった。

魔子様が作ったっ子供用弁当

IMG_1464

卵が使用できないので、ゆで卵を…(?)

 

IMG_1465

このゆで卵は、馬鈴薯をマッシュしたものの中に南瓜を練って入れたものである
労作である。
人件費が…人件費が…

 

「原価計算をしたか?」と怒鳴る小生に
魔子様は「自由にやらせてよ」と怒鳴り返えされた。