「もったいない」と言うのは、母の口癖だった
今でも認知症気味の母は、紙パンツを洗ってはこうとして洗濯機の中に放り込んでいる
紙パンツも一回では捨てられないようである
だからいつも洗濯機の中は紙パンツが溶けてドロドロである

そんな母親に育てられた息子は、残りご飯が捨てられない。
なんとかして食べようと工夫をする
まぁ中学生とか高校生とかは、帰ってきて残りご飯を炒めて食べた
今で言う、チャーハンかもしれない
味噌汁を、ぶっかけて雑炊にもした
まぁとりあえず腹が満たされれば、それで満足の時代だった。

学生時代は単身生活だが、ご飯は残らなかった
なぜならまかない付きの下宿だったが、まかないは時間の制約があったので一ヶ月ほどで辞めてしまった
バイトやクラブの付き合いで、その時間には下宿に戻れなかったのである
勢い大学のそばの食堂がメインの食事処だった
そこでは出されたメニューを綺麗さっぱり、皿を舐めたように食べた
足りなくて、下宿に帰って電気ポットでそうめんを湯がいて醬油をぶっかけて食べたものだ

社会人時代も寮生活だった。
ご飯はお櫃から分けて食べるのだが、残っても後から帰ってくる人がいたから食べられ無かった
最後に帰ってきて、ご飯を食べようと思ったら、お櫃が空だった。
せっかく門限を乗り越えて帰ってきたのに…あまりご飯は食べられなかった
(門限で玄関は閉められるが、裏の雨樋を伝って二階から入るのである)

結婚して、ひさしぶりにあまりご飯にめぐりあった」
あまりご飯の定番は、茶漬けである
そして雑炊であり、おかゆだった
この炭水化物がデブの元だと気がついたのは、三桁の体重になった時だった
それいらい体重計には乗ったことがない。
痩せよう!やせようと思った時は、しろ塗り仮面(鈴木…?)の
「やせたいなら食べなさい」という本が流行った
腹いっぱい食べて痩せるのは、やはりお粥だろう
そこでお粥を食べ始めた。あまりご飯で…

ところが何でも、しっかりと本から入る入道としては、おかゆの本を読んだら
なんと「粥は、生米から作る」とあるではないか…
生米から、わざわざおかゆ?
もったいない
そして中華粥と、日本のおかゆとは、作り方が違うという
なんでもひとつひとつ、出来たわけと、その技が有るのだ

そんな訳で玄米粥を作ってみた
IMG_1213 IMG_1215

IMG_1217 IMG_1219

これは炊いた玄米に、そば用の汁を入れ、葱と卵と、すりおろした山芋をトッピングしたものである
これを、毎日、毎朝、毎昼、食べている

美味い!
なんとかメニューにしよう!