ようやく一山越えた
こじ開けて、むりやりに…
自分で自分を鼓舞しながら、ようやく越えた。

いや安心は出来ない
まだまだ越えないといけない山が立ちはだかっている

よく見渡してみると山だらけだ
高い山、低い山、道なき山、道が消えている山
登山家のマロリーは「そこに山があるから」といったというが
山を越えても、また山があるのだろう

そんな気がする人生である。

IMG_0588