IMG_0336

本が届いた
内山節全集の第12回配本。
「時間についての十二章」である

なかなか読み切れないが、著作集における読者の想いが月報に載っている
その月報だけは、何回も読みなおして熟読する。
他の人はどう読んだのか?と。
今回の時間についての十二章の想いは、静岡の向笠安行である。
当店に置いてある「茶農家の飲み茶」を製造している茶園の園主である。
「農として変わってはならないものは何か」という題で書いてある

読んでみると

茶の栽培は、茶畑と同面積の茶草場というのがあり、茶草場で採れた草を茶畑に敷いていた
しかし、好況期に茶草場も茶畑に拡大して化学肥料の投入が飛躍して増えていき、
その頃から品質の低下や環境の悪化、経費負担が増えていった。

とある
以前と言ってももう二十年以上昔の話だが、東京の大きな公園で有機農業フェアーがあった
当時、農業初心者であった小生は、お茶を売っているブースに顔を出し
「お茶は、無農薬ですか?」と聞いた
そのブースのおっさんは
「お茶は、直接湯を注いで呑むものだから、農薬など使っていない」
と大見得を切った
”そんなものか?”と思ったが、あとでお茶ほど農薬を使うものはない、と知って唖然とした
平気で嘘をつく農家に…

やはり茶の生産にも農薬は窒素肥料の多投の時代があって、反省があるのだろう
向笠園のお茶は、内山さんの話によると
「気象条件や栽培状況をみながら管理しているから、うまくいくと無農薬のお茶ができる年もある」
と言う

「無農薬で作ってます」という言い方は、農業を知っているものには、ちょっと使えない(?)
なぜなら技術的に確立されたもの、例えば「いもちが発生しない処の米」ならいえるが
”野菜や果物などは、難しい”というか、病気や虫にやられた場合は、お手上げである
自然農薬とよばれるものも、効き目が安定しない
効くときもあるし、効かない時もある。
効かない時は、収入がゼロになることを覚悟をしないといけない。
「奇跡のりんご」はゼロの覚悟の中で切り抜けて行った人である。
あれが農業ではなく「哲学」である。

だから「無農薬です」と言う人は、よほどのことがない限り信用しない
今年の気象条件のなかで、たまたま出来た。
去年、除草剤をたっぷり撒いたから草が生えなかった
ういうことでしかない。

 

「時間についての十二章」は、以前読んで感銘を受けた
時間は平等ではない、田舎時間や工場の時間、めぐる時間など
縦軸の過去・現在・未来の時間、横軸の循環する時間など、いろいろとあると言う話だったような気がする
時間を個人のものにした近現代人の貧しさと言えるだろう

また読みなおそう。楽しい時間だ。