イトコと呑んだ。
久しぶりに痛飲した。
みかんやで…

しかし、イトコは良い
兄弟姉妹は、近すぎて大変だ

この距離感
なんと言って良いのか…
血がつながっている遠い兄弟なのだ

ちょっと似ているが、全然似ていない
小さい頃は遊んだが、その後は違う人生を歩んでいる
考え方も発想も、ぜんぜん違う、「が」どこか奥深くには理解が有る

なるほど

 

さまざまな友人から聞く
「こんどイトコ会があるんだ」と、嬉しそうに言う。
なんだそれ?と思っていたが

 

料理にも「いとこに」がある
「イトコと似ている」からだろうか?
しかし、なぜイトコが小豆とかぼちゃなのだ。
赤の他人だろう

スクリーンショット 2015-10-05 6.40.39

*いとこ煮
順々に煮るということを「追い追い煮る」とあって、オイ(甥)オイ(甥)と通じるのでイトコだという

 

久しぶりに”いとこ煮”をつくるか…