取材が来た。
なんでも10月25日発行の雑誌らしい。
たぶん全国の本屋の平台に重ねられるのだろう!
と思ったが、見本紙を見たら岩手のことばかりである。
どうやら千葉の本屋には並ばないようだ

その雑誌の10月号は、新米特集である
新米のおにぎりの特集らしい
当店の「玄米おにぎり」と「赤飯おにぎり」を掲載するという
それとついでに、新米のご飯にかけて食べるもの!と言う

当店の自慢の生卵と、当店オリジナルの「たいこばん」を載せたいと言う
先日取材の約束をしていたが、鍼医での大出血で足首を血だらけにして中央病院にかけこんだせいで、キャンセルをした。
そのお詫びに、出来るだけのことをしてあげようと固く心に誓った
(誓わなくてもいいが、広告宣伝になるので頑張った?)

当店の卵は二種類ある。
うたがき優命園の自然卵と、同じ江刺の黄金卵である

IMG_0044

黄身の色がクリーム色の薄いのが、うたがき優命園の「自然卵」である
(ご飯に乗っけて醬油がかけてある)
白い茶碗に乗っているオレンジ色の卵が「黄金卵」である。

なぜ黄身の色が違うのか?
それは餌の違いである。
自然卵は、それこそ農場に自然に生えている緑餌をタップリと与える
黄金卵は、動けない金網のケージで育てられ配合飼料を与えられる。
緑餌には色といえば、葉緑素の緑が多い
配合飼料には、書いてはいないがパブリカのような赤い色素を含んだものが含まれている
(別に食品添加物として規制されているものではない)

ようするに自然卵は、そのへんに生えている自然の草を多給している
(その辺に赤いパブリカがイッパイ生えていれば、黄身はオレンジ色になるかも…)
通常売られている卵は、食欲をそそる、見栄えを良くする、ために赤い色素の添加物(?)を人為的に入れている
そして生産効率を高めるために、さまざまな工夫がなされている。

しかし、それぞれの卵にも言い分がある
個人経営の小規模農場の自然卵は、鶏が動き回るから腹が減り、エサ代がかかるから高価だ
企業経営の大規模農場の卵は、動けないように金網で大量に飼っているから安価だ

どちらを選ぶかは、消費者の勝手だが…
選ぶための情報だけは、提供しなければ…

 

生き物は、食べ物に影響されるのである
自分の子供を見てみたら、納得するだろう(?)
食品添加物多給の団塊の世代から生まれた子どもにアレルギー体質が多いのも…

食べ物は、すぐ影響を与えない
効率化・合理化の企業経営の農業は、団塊の世代から壮大な人体実験に入っている。
そして企業経営の農業は、枯渇する化石燃料のエネルギーで成り立っている。