https://www.youtube.com/watch?v=OSC64mlK1Lg

朝から感動の連続だ

そういえば昨晩、飯を食いながら
と言っても残り物のエノキの煮物、湯豆腐、茶碗蒸しだけだが…
追加(?)で缶ビールを一つ

部屋にはいろうと思ったら「ブラタモリ博多編」だった
ので、又追加で熱燗を一本
「櫛田神社がでてきたので、”かろのうろんや”が出てくるかと思って」
またまた追加で熱燗を日本

そのブラタモリの前だっただろうか…

「ラグビーワールド杯 生中継。明日早朝に南ア戦」というテロップが流れていた
魔子様に「このテレビは、BSは映るのか?」と聞くと

テモトの 長細いスイッチで「BS」と言うところを押せばいい
と言う返事だった

テレビはいつも1チャンネル、ニュースしか見ない
地方紙は購読を止めた。
世界情勢も、地域の情報も入ってこない
ネットだけが頼りだが、これも玉石混交
(マスメディアと一緒だ。こちらの情報解読力が問われる)

まぁ南アだったらボロ負けだな!見なくても…
と酔っ払って寝たのに早起きした。
しかし、すっかり忘れている。
コーヒーを淹れ。パソコンの電源を入れ、twitterを操作すると
「糸井重里」が「大金星」とツィートしている
次から次へとさまざまな人が「大金星」の連発
「エッ!まさか?」
と半信半疑だが、「接戦の勝利」でなんとなく本当かも?

そのうちに流れてきたユーチューブが冒頭の画面である

ラグビーのイメージは泥臭いスポーツだった。
男たちが泥だらけになって長いパンツをはいて地面を転がっているイメージだった。
小生たちが現役の頃。早稲田の展開ラグビーで国立競技場が一杯になり
また新日鉄釜石の7連覇で、不動の人気を獲得したように思ったが
その後サッカーのプロ化でサッカー人気に押され
長い低迷期に入ったいたように思う
しかし、着々と力をつけていたのだ。

活躍したフルバックの五郎丸は、名前が珍しかったので高校の時から知っていた
佐賀工業出身で早稲田に入った。今は先日甲子園で活躍した清宮幸太郎の父
清宮監督が率いるヤマハ発動機だ。
彼のトライ後のプレースキックの正確差は評判だったが
あの蹴り方は、早稲田の植山がサッカーのキックを真似て初めたのである
それまではつま先で蹴るトォーキックで、正確であるが距離は飛ばなかった。
植山が初めたときは度肝を抜かれた。ハーフラインからゴールを狙ったのである。
それから、ほとんどのプレーヤーがそれに変わった。
小生の時は、短い距離は正確さを、長い距離は飛距離を、と二つの蹴り方を練習したものだったが…
そんなことを思い出した久しぶりの五郎丸の活躍であった。
(いつも活躍しているのだろうが、殆ど見ていない(泣)

ただただ嬉しい
なんとかこの話題が続いて欲しいが…