IMG_0004 IMG_0003

IMG_0002 IMG_0001

 

津波である。
津波のような倒伏である。
稲の収穫間近の倒伏である

これは大変である
この倒伏した稲を、一株一株起こして鎌で刈る。
しかし、その穂は水に浸かって発芽してしまう
いや発芽しなくても未熟米で鶏のエサにしかならない。
倒伏させる人は、毎年倒伏させる
稲作が下手というか、興味が無いのだろう
というかスケベ根性がそうさせるのか…

 

つまり、一部が倒伏している場合は、”堆肥を其処においた。”
”肥料をこぼした”など限定した狭い倒伏であるが

このような大規模の倒伏は、肥料のやり過ぎ、時期の間違いである。
ようするに勉強もしていないのに量を取ろうというスケベ根性である。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という
頭を垂れた稲穂が、バランスを崩して倒伏するのである
頭を垂れるほど数多く重い籾を実らせ、それに耐える茎を作るのがイナ作技術である
それには途中の節間を詰まらせる(伸ばさない)肥料設計や管理をしないといけない。
それが篤農家の技なのである

ところが品種改良は、倒れにくい短稈を目指す。つまり草丈の短い稲をつくるのである。
篤農家の技はいらない。
昔の良食味の米は、ほとんどが茎が長い。コシヒカリ、ササニシキ、陸羽132、亀の尾等々
それを作りやすい短い茎に品種改良していったのである。
だから昔の品種をつくりこなす人は、少なくなった。
まして米価が安いからと、手を抜きながら高く売る手法だけがはびこる
技に対して対価を払うという発想はないのか?