パソコンが壊れた
もう、何台目になるのだろう

最初に買ったのは30代中頃(30年前)カシオの4行のワープロだった
カシオ計算機に乾燥炉を納入した時に買わせられた

次に買ったのは御徒町の電気屋でA4たて型のデスクトップのワープロだった
盛岡に移転するので、安い家電は買えないだろうと焦って買った

その次は、ようやくパソコンだった。再度東京に転職した時に買った東芝のダイナブック
使い方がわからず、宝の持ち腐れだったというか
そんなに使用範囲が広くなかったので(一太郎とロータス)、あまり使用していない

その次から頻繁に買い替えたので順番は忘れたが
NECなどのウィンドウズが何台か…

そして友人がっ強烈に進めるのでmacに変えた
Macも4代目か5台目だろう

 

壊れたと言ってもキーボードが打てないキーがいくつか出てきた
それが母音の「A」であったり「delete」だったりするから困る

一番使うキーである

当方のインターネットアドバイザーの亮君は、ボードが行かれているのだろうという診断だった。
早速、前に買い求めていたワイヤレスのキーボードを、セッテングした

IMG_0006

麻婆丼をたべながら打ってみたが、昔のキーボードなので
キーの高さが高くて一つ一つ力を込めないと打てない
いらいらの絶頂を極めた
しかたなくまた買い替えた

IMG_0001

本体を買えかいたいのだが、ひょっとすると
画面で指が動かせるようになるかもしれないので、すこし待ってみようと思う。

しかし、指で画面が動くというのは、どういう仕組みなのだろう
若い人は小生の携帯電話を見て「がらけは、もう部品も供給できないよ」という

変化が早過ぎる30年である。
30年前はテレックスと手紙の時代だった。