雨が降ると、室内が水浸しになる
以前のテントハウスの時は両脇から流れ込む雨水で水かきが大変だった。
重粘土の地層で、水が浸透しないのである。
だから基礎の有る建物は、大丈夫だろうと想っていたら

窓ガラスに吹きつけるような横殴りの雨の時は、
最初は玄関から…
玄関の観音開きのドアの隙間から雨水が入ってくるようだ
そこでコンクリートに溝を掘って水が横に流れるようになった
それでも量が多い時は、溢れて中に入り込む

その次は建物の中央付近に水が溜まっている
どこから入ったのか?
厨房から溢れたのか?
水道が漏れたのか…
雨漏りしたのだろか…

ない頭で一生懸命に考えた。
たどり着いた結論は、引き違い戸の隙間である
雨が吹きかけて、隙間から入ってくるようでは役立たずである。
まるでトラ子の同居人だ!(内緒だ、文書で書いても、口頭ではよう言わん)
雨の日に、よく見ると雨樋から雨水がこぼれ落ち、それが地面に跳ね返って引き違い戸のレールから入ってくるようである。
これを見つけるのに、10年の長きにわたった。
その雨樋は、松林から落ちてくる松葉が溜まりに溜まっていた
それが原因である。
工学部系の友人に聞くと「建物の寿命は、雨樋で決まる」と言う
雨樋が機能しないと、外壁をいためて、やがて浸水し倒壊に至るという

恐ろしい

それから定期的に屋根に登って点検をし雨樋を清掃することにしたが
入院騒ぎやなんかで、だいぶサボってしまった

IMG_0008

 

大分、雨樋の松葉も乾いて取れやすくなっていたが、しっかりときちんと取ろうと
梅さんに「はしごを取ってくれ」と怒鳴った

梅さんは、一生懸命はしごを渡そうと上を見ながら
「けっぱりはまった」

これは北上弁だろうか?
要するに”ぬかるみに足を取られた”と言う

IMG_0020 IMG_0018 IMG_0016 IMG_0014