流しそうめんである
ながし印のそうめんではない
ながしが売っているそうめんでもない

 

(しかし「ながし」という職業も無くなった。
昔、横浜のスナックみたいなクラブで、ギターを抱えたながし
「一曲いかがですか?」と我々の陣取っている席にやってきた。
クラブの女の子を口説くのに一生懸命だった小生は
「うるさい!あっちいけ!」と怒鳴りつけた
こそこそとながしが消えた後
そこのママが大きな声で
「何を言うの!今のながしは、ヤクザの仲間を連れてくるわよ!早く逃げて!」と悲鳴を上げた
慌てたわれわれは、裏口から飛び出し、走って逃げた。
息が切れたが、まだまだ走れた時代だった。
なつかしいなぁ〜
そんなながしが、脅して売っているそうめんではない

 

ナガシのような坊主がやっているそうめんである(?)

大雨だから外での流しそうめんはムリだろう
と思ったら、さすが(流石)そうめんである(?)
ひろいお寺も使いようだ

これだったら三角ベースボールも
七人制ラグビーも

出来るかもしれない

IMG_0004

田口様 ご先祖に流しそうめんを…

IMG_0006