IMG_0018
ヒマである。花がらをつみをしている
もう、20年前に店をオープンした直後、7月がなぜか、売上が上がらなかった
農家から、3月4月に種を巻いたり、定植したりしたものが、採れ始めるのが6月末からである
絹さやに始まり、レタス、春キャベツ、そして胡瓜・茄子・トマトなどの果菜類
豊富に品揃えがされている。
しかし、客が来ない(少ない)

数年経って、わかった。
4月5月に家庭菜園用に、種や苗を売った。
それが収穫時期に、成ってきているのである。
こちとらは営業マンの癖で、毎月の売上を考えるが一年単位の農業暦では、

農家が力を入れて最初に採れ始めるの6月
家庭菜園も、最初の7月ころの収穫は一緒である(もっとも家庭菜園は続かないが…)

自分の家で採れるのを、わざわざ買う必要もない
だから7月はヒマである。
これがわかるのに3年もかかってしまった。
5月の苗のピークのつぎは、8月の盆需要までヒマである
そしてりんごの時期9月以降に早生・中手・晩生と続くので11月までは売上が上がる
要するに年に数ヶ月の売上で一年を暮らしているようなものである

そんなヒマなので、最終処分のための苗の管理を始めた
おもいっきり「切り戻し」をするのである

IMG_0012 IMG_0016

作業をしていると、中年の女性がやってきた。

「切り戻し」難しいのよね〜、いつも失敗する。
隣の家は、こんもりと盛り上がって見事なものなのだけど…」
「切り戻しは、思いっきりやらないといけませんよ!旦那を叩くように!
植物は上に伸びようとするのを切ると、次に横に伸びようとしますから、
こんもりと仕上がります。思いっきりが大切です。おもいっきりが…」

「じゃ〜家に帰ってやってみよう。おもいっきり旦那の頭を…!」