弁当の配達は楽しい
だいたいが、おなかをすかして待っていてくれる
いや待ち焦がれていてくれる
だから満面の笑みをもって迎えてくれるのである

喜びいっぱいで手を降ってくれる人までいる
たぶんその人は、小生を誰かと間違えているのだろう!

IMG_0003

 

そんな中でも、いやな思い出の配達が有る
それは冬だ。初雪が降った頃、渋滞の細道に入ってしまった。
近道だと思ったのだ
ところが、びくとも動かない。
しかたなく、携帯電話をかけた。
「渋滞で動きません。後20分ほどかかりそうです」
ようやく辿り着いたら、担当者がひったくるようにして持っていった
たぶん時間指定の昼食の接待用の弁当だったのかもしれない
弁当よりも配達時間が優先だったようだ
そこからは、その後注文が来ない。

また、よくあるのは「弁当箱のゴミは、持ち帰るのですね」と言う言葉だ
なぜか公共機関が言う(言わないところのほうが多いが…)
それは暗黙に「持ち帰れよ」と言う意味だ。
公共機関の建物は、市民の公共サービスとして建てられている
まして運営は、よりよき市民生活の向上を目的としているのではないか?
まして一般廃棄物は行政の仕事である。
それとも食堂事業者の産業廃棄物なのだろうか?(産業廃棄物の処理は民間)
盛岡なら車で運べるが、都市部なら電車でゴミ袋を抱えて乗るのだろうか?
旅館やホテルでは、持ち帰り厳禁である
残り物を食べて食中毒を起こさないように…という配慮である
どうせ持ち帰らないといけないのだからと、弁当の残りを持ち帰って子どもに食べさせたら…
また、食品ゴミであるから、ハエなどの衛生上の問題も有る
できるだけ早めに処分して欲しいのだが、こちとらも引き取りに行く時間も人手もない
ゴミの減量は、市民の勤めだが、右のものを左において、仕事をしているようなアリバイ証明の行政はいらない

 

そして最後に
「どちらから入ってこられました?車はどこに置かれました?
どちらの会社ですか?」と言葉遣いは丁寧だが、苦虫を潰したような顔で言う
”業者は、裏から入って来い。頭が高い。控えろ!”というのが公共機関の決まりらしい