食堂用の白米は、魔子様が羽釜炊きで炊いている

 

小生は、圧力釜で毎朝3回ご飯を炊く

一回目はお握り用の塩飯玄米(無農薬米)
二回目は赤飯用の塩飯餅米(ひめのもち)
三回目は食堂用の玄米(無農薬きらほ)

コメが違い、水の量が違い。炊き上げる時間が違う。
それと釜が温まっているかによって、かかる時間が違う
調理は科学である。頭脳がいるのである

またその間に、お握りを作る。
そのお握りに、漬物をつける
これがまた、ぬか漬けだったり、塩漬けだったり、味噌漬けだったりする
そして、その漬物を入れる紙皿が…
何色にするか?
料理は芸術である。右脳がいるのである。
IMG_0003

要するにお握りと漬物と、その色合いで紙皿の色を決める
これは大根とズッキーニとピーマンのぬか漬けである。
ズッキーニの黄色と、大根の白が映えるように緑の紙皿にしたが、ピーマンが死んだ!

 

朝の7時からの格闘である
仕事は格闘である。体力がいるのである。

IMG_0004