バケツをひっくり返したような…
というのが一般的形容である。

その大きなバケツをひっくり返した

「大きなバケツとはどれぐらい大きいいのだ?」
「そんな…」と両手を広げて「これ以上!」と言うと
「棺桶ぐらいか?」と和尚は言う
「んだ!和尚が入るぐらいだ!」
その和尚が入院中です
棺桶で出てこないことを、祈るのみです
ブツブツブツブツ…

IMG_0012

豪雨になると道端の下水がすぐあふれる。
それで、店から道路を眺めただけで、どれだけひどいか?がわかる

全国ニュースで流れた紫波町は、1時間に100ミリ近い雨量だったという
紫波町と言うのは広い。
テレビのニュースで車が水に浸かった映像が流れたが、たぶんあれは、紫波中央駅の表と裏を結ぶ道路だろう
立体交差になっているのは、あそこしかない
というか…
後は田んぼと…山と…果樹園と…

 

盛岡の南、紫波町は、ウルトラマンの街だという
なぜ?
手を十字に組んで「シワッチョー」