3000坪を使って、年間150万しか売上が上がらない
つまり6畳一間の1000部屋を一部屋年間1500円で貸しているのである
つまり一畳250円だ!
小生が学生の頃(40年前)でさえ、下宿は1畳1000円が相場だった!
先日、火事になった川崎の簡易宿泊所だって、こんな部屋代ではやっていけない
そんな田んぼに機械代金・肥料代金・農薬代金・油代・そして殆ど入っていない人件費がかかってくる。

いかに効率が悪い産業か…(例えが変!)

そんな土地利用なら田んぼを埋めて、イ◯ンに貸したほうが断然効率がいい
だから郊外に、どんどんショッピングモールができるのである(?)

なんだか話が飛んだ!

そんな効率悪い産業を、なぜ続けているのか…
赤字をどんどん生産しているようなものだ(アホノミクスに泣く、地方の中小企業のようだ)

そこで出てくるのが農協である。
ほとんど価値の無い田畑を担保にカネを貸す。
農家の手助けをすると言って作業受託をする
団体で圧力をかけて米価を上げる

効率化という名のもとに手抜き(?)の稲作を農協は勧める

P1060872

「苗半作」という言葉がある
一年の稲作は、苗作りにあるという意味である
良い苗ができたら、半分収量が決まったようなものであるという言葉である
その苗を、農家のために大量に生産して支給する。(農協の売り上げにつながる)
農家は、育苗管理をしなくていいから他に働きに行ける
(育苗管理は、家を空けられない。ハウスは閉めておくと、短時間に中は高温になる。
開け閉めを頻繁にしないといけない。湿度管理もしかり…)

大事な大事な年間半分の仕事を農協は肩代わりしてくれるのである。
これを農協は偉い!とみるか…
農家が手抜きをしているとみるか…

そして全中(全国農業協同組合中央会)はいう。
「国民の食糧を守る大事な仕事だ」と言って政治家に圧力をかけ補助金制度をつくる
その補助金が農協と農家に回る
だから一畳250円でその他の経費がかかってもやり抜けるのである(笑)

それだけではないが…

やはり、作るのが楽しいのである
作るのは楽しい、売るのは難しい

しかし、農家は本当に作っているのか?
それとも単に材料を組み立てているのか…?

その辺を判断できる人が…

 

武田くんは嘆く
留守にした時、ハウスが高温になり
「今年の苗は、油断していている内に焼いてしまった。どうなることか…」