IMG_0012

 

盛岡は、碁盤の目のような道路にはなっていない
パイパスの中央車線を走っていて、左折をしようとしたら、車が数珠つなぎでなかなか割り込めない
しかたなく一本先の交差点で左折をするはめになった
ところが、これが迷路である。
出てきた大きな通りは、走っていた通りである
元へ戻ろうと、感応式信号待で待った。

長い
いや本当に長い

感応しているのか?
車を前後して、上にぶら下がっている感知器を探った

それでも長い
青に変わらない

車が途切れた
赤信号、警官に見られなければ青信号

渡ろうと誘惑が襲ってきた。
パトカーは見えない
白バイは見えない

渡ろう!と思ったら

自転車のおっさんが、歩行者用押しボタンを押した。

IMG_0006

家政婦も岩手山も、見ている青空だった。