雑用日の昼、運転していると並んだ車の運転手が
”ニカァ”と笑った。
”何の用だ?”と思ったら、一生懸命たすきを掛けるジェスチャーをしている。
意味がわからず、そのまま行こうとしたら
今度は”窓を開けろ”というジェスチャーだ

昔、ジェスチャーという番組があった。
ブラウン管という仕組みの肉厚のテレビで、白黒だけの平面画像の生番組だった(若い人向けの説明)
金語楼とターキーだ!(落語家とタカラジェンヌのOBだ!古過ぎる)
それに出演しても、十分にやって行けるだろう

とりあえず自動の窓を押した
今度は、マイクを握りしめて
「ベルトを閉めてないですよね。歩道に寄せてください」と軽のパトカーが言った
運転手は制服を着ていた

「しまった!」(ゴードルが消えた瞬間である)

IMG_0001

 

生まれて初めて取ったゴールドである。
32歳の時に東京から帰って、初めて免許をとった
それいらい初めてのゴールドだった。
もっとも最近入院ばかりで、車に乗っていないせいもあるが…

最初の違反は、これも軽微な違反だ
初心者マーク表示違反である。
4トンのトラックを運転して高速を走っていた時である
だいたいがトラックに初心者マークを付けて走っていられるか?
昔は、よく高速の入口やパーキングでネズミ捕りをやっていたが、最近は見ない
いったいぜんたい、ネズミ捕りを見なくなったのは、どうしたのだ?

と書いたところで地震があった(久しぶりに携帯の緊急地震警報が鳴った)

歩道に乗り上げて止めたハイエースに、ニコニコと笑いながら”岩大の日本兵”によく似た警官が降りてきた
「お仕事中ですか?お時間取らせてすいませんが…」と慇懃無礼に語りかけてきた
「急いでいたもので…給油に行かないと…」と、つい言い訳をしてしまった。
そんな言い訳が通じるはずがないが、独りだったので通じるかと思った

以前、シートベルトで捕まった時に
「手術の痕が痛くてベルトが締められなくて…」と言い訳をしたら、許してくれた(?)
「医者から事情を書いた証明書をいつも携帯するように…」と言われて…
今度もその手を使おうと一生懸命考えたが…思いつかない
「病院から出て、すぐそばの給油に行こうと思って…」
「つい忘れたのですね」と日本兵の警官はこともなげに言った。
このへこんだ腹では、妊娠は使えないし…
しかたなく観念したが、ゴールドだ!これが消えたらヤバイ
日本兵に似た警官に確認をした
「三ヶ月間無事故無違反だったら1点は消えますが…」
「ゴールドは?」「それも…」
次の更新は、なんと今年だ!

IMG_0004