ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

田植えⅡ

3000坪を使って、年間150万しか売上が上がらない
つまり6畳一間の1000部屋を一部屋年間1500円で貸しているのである
つまり一畳250円だ!
小生が学生の頃(40年前)でさえ、下宿は1畳1000円が相場だった!
先日、火事になった川崎の簡易宿泊所だって、こんな部屋代ではやっていけない
そんな田んぼに機械代金・肥料代金・農薬代金・油代・そして殆ど入っていない人件費がかかってくる。

いかに効率が悪い産業か…(例えが変!)

そんな土地利用なら田んぼを埋めて、イ◯ンに貸したほうが断然効率がいい
だから郊外に、どんどんショッピングモールができるのである(?)

なんだか話が飛んだ!

そんな効率悪い産業を、なぜ続けているのか…
赤字をどんどん生産しているようなものだ(アホノミクスに泣く、地方の中小企業のようだ)

そこで出てくるのが農協である。
ほとんど価値の無い田畑を担保にカネを貸す。
農家の手助けをすると言って作業受託をする
団体で圧力をかけて米価を上げる

効率化という名のもとに手抜き(?)の稲作を農協は勧める

P1060872

「苗半作」という言葉がある
一年の稲作は、苗作りにあるという意味である
良い苗ができたら、半分収量が決まったようなものであるという言葉である
その苗を、農家のために大量に生産して支給する。(農協の売り上げにつながる)
農家は、育苗管理をしなくていいから他に働きに行ける
(育苗管理は、家を空けられない。ハウスは閉めておくと、短時間に中は高温になる。
開け閉めを頻繁にしないといけない。湿度管理もしかり…)

大事な大事な年間半分の仕事を農協は肩代わりしてくれるのである。
これを農協は偉い!とみるか…
農家が手抜きをしているとみるか…

そして全中(全国農業協同組合中央会)はいう。
「国民の食糧を守る大事な仕事だ」と言って政治家に圧力をかけ補助金制度をつくる
その補助金が農協と農家に回る
だから一畳250円でその他の経費がかかってもやり抜けるのである(笑)

それだけではないが…

やはり、作るのが楽しいのである
作るのは楽しい、売るのは難しい

しかし、農家は本当に作っているのか?
それとも単に材料を組み立てているのか…?

その辺を判断できる人が…

 

武田くんは嘆く
留守にした時、ハウスが高温になり
「今年の苗は、油断していている内に焼いてしまった。どうなることか…」

田植え

昨晩、武田くんがきた。
アイガモ農法の武田くんである
市議会議員でも有る。
当店の生産者でも有る
米を持参してきた
冬は農協の肥料運びをやり、春夏秋は大面積の稲作をやっている
全部で25町歩ぐらいだろうか…

「田植えだから頻繁に持って来られない」
と言って

1町歩と言って分かる人は少ない。
1町歩は、10反歩だ。1反歩は300坪だ。だから3000坪である。
多分都会の人は、ウザギ小屋に住んでいるから3000坪と言うと想像できないだろう
通常は、東京ドーム何個分という表現をするのだが、東京ドームがどれ位面積があるのか不明なので

100坪の盛岡ドーム30個分だ(?)

以前と言っても、たかが20年前のことだが、田畑の売買に関係したことが有る
当時、一町歩の田んぼの相場は1000万だった。(盛岡近郊)
畑は300万ぐらいだっただろうか…(盛岡近郊)

ところが盛岡から片道1時間ぐらい行くと、畑は1町歩が30万だったり、ひどい奥地だと3万だったりした。
それで騙されたのが岩洞湖湖畔である。
将来、首都が盛岡から一時間の岩洞湖へ移るという可能性にかけて、タダ同然の土地が高い値段で取引された。
大手一部上場会社から大商社から。のべつまくなし買いまくった。
その土地は今、塩漬けである。

店の近くにも塩漬けの造成地がある。
将来宅地造成の許可が降りると言って買わされたのだが、
標高が高すぎて水道が設置できなくて許可がおりなかった。
毛皮を着た女性にサングラスを掛けた小柄なデブの二人と黒服の5人組が
「その造成地はどこだ?」と店に入ってきた。
ヤクザだ!
小生も負けるヤクザが出てきた。

そんなことがあって以来、不動産は、扱うのは止めた。と言うか
知識も金も無かったので、手を出せなかった(泣)

なんだか話が飛んだ!

DSCF2527

それで武田くんは、規模拡大の父親のせいで大面積の稲作をやる羽目になった
その一部と言っても15町歩だがアイガモ農法をやっている
これは手間がかかる。
田植えをすれば終わりではない。それから
アイガモが逃げないようにネットを張らないといけない
ところがアイガモは稲穂を食べるから、穂が出るまでしか田んぼの中で飼えない
15町歩の田んぼに、すべてネットを貼るのは1ヶ月かかる
つまり最後にネットは貼った時は、ネットをはずさないといけない、
と言う冗談まがいの状況に陥る(冗談だ!)

まして田植えは天気を見ながら、地温を高めて代掻きをしながら苗を植えていく
苗は3日で根付かないと収量が上がらない(健康に育たない)と言う。
十分に地温を高め、水で保温をし、水平に均して、浅く植えるのである。
これをトラクターと田植え機に乗ってやるのである。至難の業である。
順調に行くと三日で根が土に着く(活着という)
ところが寒かったり、水が浅かったり、深植えをしたり、すると何日もかかる
そして水が浅くなると、雑草が出てくる。
水面からちょっとでも葉先がでると、スィ〜と伸びてくるのである
油断も隙もない。
それを3000坪も草取りをするのである(間違い 3000坪×15)
都会の人はうさぎ小屋に住んでいるから、わからないだろうが
6畳一間が1000部屋分である((間違い 6畳×1000部屋×15)
一度6畳一間にゴミ箱を散らしてひろってみてほしい。どれだけ大変か…

ところがそれで米はいくらの売上が上がるかというと
せいぜい1町歩(3000坪)で、150万である。

これで飯が食っていけないだろう!
と多くの人は言う

全くであるが、いろいろと裏がある
その裏は…(続く)

店に行く時間だ。魔子様が叫んでいる「行くよぉ〜」

 

 

 

旨い!

IMG_0008 IMG_0007 IMG_0006
kawausso氏推薦の「豆漬け」である

数日前、たぶん他の地方には、単純な豆料理だが、広く
東北地方に浸透しているようは「ひたし豆」はないだろうと思いBlogに紹介した。

そこで遠野に素晴らしいひたし豆風の「豆漬け」があるという。
「試食がつかない!」とコメントしたら持参してくれた
ありがとう。ありがとう。ありがとう(200円分)

また、べにや長谷川商店の「豆の本」を紹介してくれたヒトが一人
「大金募集」に反応して、古びた女房を(女郎屋に売り飛ばそう」と考えたヒトが一人

さまざまな反応が有った

しかし、実際に手に入れるのは美味しい(?)

なるほど、この塩梅、この酸味、豆の食感と人参のバランス い!

 

なんとか秘伝でこれを作れないか…

 

 

しわのばし

ちょっとかっこいいから…
と言ってメールで写真が送られてきた
記憶に無いが、いつの間にか撮られたらしい。

フードバンク交流会
なんだか皺だらけで”かっこいい”には程遠い

 

むかし、体重が三桁になろうとする身体の頃、(30歳前後だろうか…)
「禿げたデブよりも、痩せた禿になりたい」
頬の肉は痩せこけ、頭蓋骨がくっきりとわかり、腹は筋肉で覆われ、
腕は血管が浮き出て、尻はプリっと盛り上がり、そんな年老いた人になりたい

と宮沢賢治を信望する入道は思った

ところがそれが、肉が落ち、シワがついてくるとは思わなかった。

なんとかシワが伸びないか?

IMG_2390

 

これはシワ伸ばしてくれた写真家の技である(?)

 

あの人誰?

ディサービスへ体験入所した。
ワシではない。母親である。
あまり人付き合いの良くない母親は
「なんだか、いやだね〜」と言っていた。
魔子様は
「リバビリとかするところだから…」と、さとして送り出した。

なんとなく
子どもを幼稚園や学校に、最初に送り出すときの気分に似ている
不安と、期待と、無事を祈る思いとが、錯綜しながら
足の悪い母親が、車高の高い車にのるのを見送った。

IMG_0040

夕方、近くに住んでいる孫が遊びに来た。
孫と一緒に、帰りを待った。

予定時間を大分過ぎてから車に乗って帰ってきた母親は、
「いっぱい人がいる」「儲かっているのだね」
「つぎからつぎへと患者さんが…」
魔子様の”治療をする所だ”という説明を信じていた。
そして自分で書いた土偶の絵みせ、楽しそうであった。

その夜、母親に食事を届けて母屋から帰ってきた魔子様は
「”さっき家にいたあの人、誰?”言っていた」
「自分の息子でしょう」と言ったら
”なんだか若くても頼りない息子はいたが…あんなにフケていない”

注文ですよ!

IMG_0008

弁当の配達に行った
朝、ど〜ンド〜ンと鳴った。
花火である
岩手だけの習慣だろうか…
小学校の運動会が決行されるときは、花火が打ち上げられる

眼を覚ました魔子様は
「運動会かしら?」と弁当の注文をもらった小学校の名を揚げた
家から20kmも離れたところの花火が聞こえるはずがないのだが…

運動会の弁当配達は、事務室の指定だった
職員室の前には、天敵の軽のパトカーがいた
ゴールド免許を帳消しにしたやつだ。

おもいっきり車を蹴飛ばしたが、つま先を痛めただけだ

IMG_0010

 

パトカーにヒトはいない
校舎にはすべて施錠してある
入れない、配達時間が刻々と迫る

職員はグランドに出払っているのだろうか?
誰か!出てこんか?

弁当屋は、いつもこんな羽目に陥る
腹が減れば思い出すが…
目先のことにいっぱいだと、注文したことも忘れる(泣)

赤信号、警官に見られなければ青信号

IMG_0012

 

盛岡は、碁盤の目のような道路にはなっていない
パイパスの中央車線を走っていて、左折をしようとしたら、車が数珠つなぎでなかなか割り込めない
しかたなく一本先の交差点で左折をするはめになった
ところが、これが迷路である。
出てきた大きな通りは、走っていた通りである
元へ戻ろうと、感応式信号待で待った。

長い
いや本当に長い

感応しているのか?
車を前後して、上にぶら下がっている感知器を探った

それでも長い
青に変わらない

車が途切れた
赤信号、警官に見られなければ青信号

渡ろうと誘惑が襲ってきた。
パトカーは見えない
白バイは見えない

渡ろう!と思ったら

自転車のおっさんが、歩行者用押しボタンを押した。

IMG_0006

家政婦も岩手山も、見ている青空だった。

人口減

IMG_0002

そろそろ準備をしなければ…
以前はドラム缶を二つに割って、それが焼き肉のコンロだった
それが、何回もやるもんだから、すぐぼろぼろになる。

肉を焼いているのか?
炭を焼いているのか?
コンロを焼いているのか?

なんだかわからないのだ!

でもこれはすぐれもの
ガスボンベを二つに割って、作ったものだ。
ガス圧に耐えたものだから、十二分に耐熱構造である。
それに重い。ちょっとやそっとでは持ち上がらない

先日玄米を運んだら足元がふらついた
小生が農業に入った頃は玄米は60kg入りの袋だったが
だんだん農家も高齢になり、17〜8年前から米袋が30kg袋になった。
当時は、その軽さが物足りなかったが、
筋力が衰えた64歳にはこたえる。
30kgを抱えて、段差が登れないのである。(泣)

そんな体力不足ながら、農家に人が集まると言うと定番の焼き肉用の
頑丈なコンロの掃除を始めた
なんせ一冬、雪の下で眠っていたのである。

 

今週の金曜日は、モートンの葬式である
葬儀の司会は、肉食妻帯可の真宗大谷派のモヒカン副住職が勤める。

こんな案内をだした

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あの岩泉のもーとんファミリー穴田君が、妻の後を追って東京へ出稼ぎに行きます
すぐ戻ってくると言う確信を持って、歓迎会という名の送別会を開催いたします

平成27年5月29日(金)午後6時〜
八百よろず屋ちいさな野菜畑 こびる食堂
会費、3000円
飲み物持参

参加の方連絡ください

尚「セシウム牛を食べる会」の名簿よりBCCにて送信しました。
このほか、穴田くんに大変世話になった。と言う気持ちを少しだけ持っている人や
大きなお世話をしたけど、少しもお礼をしてもらっていない人や
顔も思い出せないけと、うまい飯を食うか?
と言う人も参加可能ですのでお声掛け下さい
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また一人、岩手県の人口が減る(嘆)

 

はつがつお

IMG_0017

カツオである。サザエさんちのカツオでは無い
「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」のカツオである
新緑の頃のホトトギスが初めて鳴く頃に、食べるカツオの旨さというか、
何が何でも他者よりはやく食べようとする江戸っ子の意地を言うのだろう

そんなカツオバーティをやった。
魚屋の若女将は
「カツオは、今は高い、旬の前の走りですよ」
「8月になったら気仙沼あたりにどんどん上がるから、美味しいのですが…」
「まだ脂が乗っていないから…」と出し渋った

「”高い”と言って、どれだけ高いの?」
「マグロと一緒ですよ!」
「へぇ〜そんなに高いの?」と言いながらも「8人前」と注文すると
「やはり、一周忌でしたか?」と言い
「箸を持って食べようとする間際に刺し身を持って行ってね」と付け加えた
そういいながら若女将が小さな頃から30年間通った、こうさんを懐かしんだ。

こうさんが連休中に亡くなって、一年が過ぎた。
連休のバタバタを過ぎ、日本で2番目の横丁居酒屋(桜山界隈)の「みかんや」で一周忌をやった。
献杯は、安物のチリワインである。
ワイン好きのこうさんが、文句も講釈も言わないで「美味しい」といったワインをグラスで呑んだ

IMG_0015

 

江戸っ子の”みかん”は言う。
「なぜか”こうさん”というと、鰹だね」

たぶん柵取りで買ったカツオを、こうさんは自身で分厚くさばいたのだろう
あの本棚の前の座卓に出てきた時の、鰹の驚きを忘れられない

江戸っ子は4月にならないと初鰹は解禁にならなかったが…
岩手はホトトギスは遅いが、青葉の頃の鰹は、やはり5月は走りのものである

魚屋の若女将は
刺し身を手渡しながら
「ほら脂が乗ってないでしょ。岩手は7月か…8月ですね。旬は…」

初鰹をもとめる健啖家のこうさんの想い出を語り尽くした一晩だった。

かねもうけ

”投げやりに水やりをした”
と言うオヤジギャグは、よして…

苗を販売するとなると、手がかかる。
葉摘みや、花摘みなどの管理も有る。
しかし、一番大切なものは水やりである
水やりは欠かせないし、大変である。

以前、地元国立大農学部の満州出身の留学生を雇った。
「おトオさん、おトオさん」と呼ぶので困った。
客に「息子さんですか?」と聞かれる
なぜなら、小生も当時は太っていたし、彼もカネがないので丸坊主にしたので
小生と、よく似ていた
よく働いてくれたが、留学生制度が変わって、学費がかかるようになり、

「もっと働きたい」と言う
しかし、運転免許を持っていない若者の仕事は、店にはそんなに無かった。

片言の日本語でレジを担当させても
「これは中国産ではありません。国産の有機栽培無農薬です」と言っても信頼性が…
(彼は近くのスーパーで、中国産の大蒜を買ったが、出口で青森産を見つけ「取り替えた」
「自国では、偽装したものが平気で売られている」と言う)

そんな彼は、あの急な上り坂を毎日のようにママチャリの自転車で登ってくる。
凍った冬道もだ!
偉い!

そんな彼も
「国では水やりはオンナの仕事です。」と言ってやろうとしなかった

だから、水やりの仕方がわからなかった

水やりで大切なことは、早朝にやること
土に直接やること、である。

そして、ただ上から掛けているだけでは、水はかからない
ポットに土が詰めてあるが、そこには水が貯まるようにできている
そこに溜まった水が浸透して根に行くのである
(ただ地下水や水道水は、なかなか落ちない。天然の雨水が一番いいのだが…)
水の量は「底の穴から水が流れ落ちる程度」とよく言う
だから上から水をかけただけでは、水が葉に落ちて外に流れ落ちるだけで水をやってことにはならない
それを一鉢一鉢確認しながら水やりをする。時間がかかる
そして花の場合、花びらに水がかからないように、生い茂った葉を避けて中に水をいれるように(インパチェンス・ペチュニア・ベコニア等々)水やりをしないといけない
だから底面灌水という方法が一番いいのだが、これは雨が続くと水がたまって根が腐れる
また上からかけることにより、肥料が浸透したり酸素が供給されたりするが、底面灌水だとその作用は期待できない。

まったく一個100円で売っていても、ろくに金儲けにつながらない(嘆・怒・泣)

IMG_0001

月別アーカイブ : 2015年5月

1 / 3123