玄関を開けて、リビングに入ると上から落ちてきそうな本棚の蔵書の山に圧倒される
その本棚だけではなく、床の上にも座ることころにも本の山々である。

佐々木篁さんの本棚が表紙になった本ができた

IMG_0002

 

篁(コウさん)の遺作である。
地元紙に毎週金曜日にコラムを書き続け684編になったという(うち100編を厳選)
一年50週だから約14年、役員を定年になってからだから、ほぼこれが仕事だったと思う
そのコラムの内容は、多岐にわたり、さすがにジャーナリストという何でも興味を持って取り上げ、
そして深く深く掘り下げた内容だった。
その内容の源泉になった本棚、この本棚の中を調べながら書いたのだろう
こういう本棚が店に欲しかった(家は天井が低くてどうしようもない)

IMG_0003

当店も時々取り上げてもらったが、当店の縁でつながったものなど当店関係が多い。
そんなコラムを読み続けていると、自然と涙が溢れてくる

そろそろ1周忌だ。
あの驚愕の5月4日の朝の電話が忘れられない

「兄貴が亡くなった!兄貴が…」
末の弟、今スリ米の生産をお願いしている佐々木純さんの電話だった。
コウさんの庭には、紅木蓮が咲いていた。

IMG_1230

 

(木)は、佐々木の木であり
アドレスのfrimokは、フライディ(金曜日担当)の(木)であった。