ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

どん百姓

「どん百姓」という言葉があるのなら、彼らに送りたい。
と彼に言った。彼は苦笑いをしていた。
彼は高校の時、生徒会長をしていた。
小生は、体育会系のノンポリ派だだから、家と教室とグランドの三角形を三年間うろうろしていた。
だから彼とは話をしたこともない。おまけに彼は、病休で年が2つも上だ

小生が故郷に戻って農業をやるようになって、彼が近くになった。
彼は地元の農業や政治の名士になっていた。
そんな彼に「”秘伝”と言う青豆をやらないか?」と声をかけた

当時、あるグループから”秘伝”を買い求めていた。
納豆に利用したり、新しい企画「秘伝一家」に豆腐や味噌、醬油などを企画していた時だった
そのグループは、枝豆として売り、売り切れないものを大豆として小生のところへ持ってきた
その内に「味噌を作りたい」というので小生の加工場を教えてあげた。
彼らは、大量に作り、町内の役場やイベントで安く売り始めた
彼らにとって大豆が商品で、味噌は余計に出来た余り物なのであるが、量を売りやすいのは味噌の方である
ある年、秘伝が不作の年にであった。
そうすると突然、契約していた秘伝を出荷しないと言い始めた
「種豆が足りない」のだという

「種豆は更新したら!とりあえずこちらは契約だから…」
と言っても、種豆を更新する種代金が高額になる
だから契約は破棄して、自分たちの種豆にする、という話だ。
「あきれた。これでは契約は出来ないではないか?」と言っても、平気な顔だ。

あきらめた。
そんな時に転作に大豆を栽培していた、元生徒会長に声をかけた
「”秘伝”と言う青豆をやらないか?」
当時は白大豆は補助金がでるが、民間育種の青豆は、国から補助金が出なかった。
山形のダダッ茶豆は、茶豆だが県が奨励して補助金を出しているのだろう。だから生産量が多い

白大豆は、国が責任をもって育種開発している。そのため補助金を出して奨励しているし、栽培研究も盛んである
青大豆や黒大豆・茶大豆などの色豆は、育種は民間に任せてあるので、民間の希少価値の”技”であるが、収穫量は少ない

収穫量も少なく、補助金も出ない。そんな青豆をやらないか?と言う誘いに彼は生返事だった。
ただ枝豆としては旨い。
大手の種苗メーカーが「日本一の香り枝豆」として販売を始め、その秘伝を利用した大豆加工品が色々と出始めた。

そうしてるあいだに彼は「種が欲しい」と言ってきた。
最初の年「ずいぶん種が高い」と言い。播種時期がずれてものにならなかった。
二年目は、出来た豆がほとんどB級品。
そして三年目、彼は「40センチの播種機を買った」と言ってきた
秘伝は、覇種間隔が広いのである。つまり大きく枝を広げた状態をイメージして間隔を広く取って植えるのである
狭く植えると最初は見た目が良いが、後半に枝が伸びた時に葉っぱに日光が十分に当たらないので光合成の量が少ない。
そんな大豆専用の播種機が40万もしたと言う

ちょっと心配したが、彼が本業してる稲作は息子に任せて、自分はこれからの大豆生産にかけたようだ。
それが三年目にようやく実った。

持参した秘伝の袋を開けて、小生は言った
「この袋だけ良い豆を集めて詰めたのでは?いくらする?」
「いつもの値段でいいよ」と言う
「いや、それでは申し訳ない。この秘伝ならどこに出しても喜ばれる秘伝だ」
通常、小売業で買い求めている秘伝は12000円だが、8500円で良いという
グッときた

通常なら屑大豆だった二年目のB級品を8500円で買い支えたことを
彼は恩に来ているのだ

IMG_0045

こまったものだ

しかし、誰が考えたのだろうか?
ランパスは、面白いシステムである
ランパスは、ラグビーの練習ではない

ラグビーの練習は、多分正式にはランニングパスの略称だが、
こちらはランチパスポートの略である

パスポートに似せたグルメ本を980円にて本屋で買い求める
そこに掲載されているお店(盛岡のVol3の場合は99店舗が
趣向をこらした800円ぐらいのメニューをワンコイン(500円)で、3ヶ月間提供するのである
掲載店舗は、掲載料が一切無料。その他に広告宣伝費が一切かからない

よくグルメ本の掲載を言ってくる本の企画やラジオ・テレビがあるが、10万20万と払っても効果がわからない
インターネットも、どれだけアクセスがあるのかはわかっても、それが実際に来ているのかどうか?わからない

これは一目瞭然である。
なんと言ったって、実際に本を出し判子を押して(一軒3回まで)確認しあうのである
知らない客が多くなった。
異常に客が集中するようになった。最高で50食は越えた。
(当店は11時スタートのランチだから11時〜12時半までがコミコミである)
ご飯茶碗が足りなくなった。
湯のみ茶碗が足りなくなった
メインディッシュの皿が足りなくなった。
豚肉が足りなくなった(当店は生姜焼きがメインディッシュである)
ようやく12月1月と動かなかったコメが動き始めた
人手が足りなくなった。
客が多くなったが、売上はそれほどでもない
なんだかわからない間に、毎日が過ぎていく
とりあえず11時から14時までは外にでることが不可能である
三ヶ月間、出張は不可能である
三ヶ月間、昼寝も不可能である
夜は、疲れ果てて横たわるだけでである。

こんな状態である。これが4月の末まで続くという

これで何が変わるか…
多分、起きるのは飲食デフレであろう
1000円のランチを出していたところが、一品ワンコインランチを出し始める
そのうちにランチだけでなく、すべからくワンコインがベースになってくるだろう

IMG_0673

 

独裁者

決められない人がいる
優柔不断の人である。
もう一人は組織の人である。そして民主主義を標榜している人でもある
代表的なのは公務員である。決めるのは議員がやる。
言われたことを、するだけの仕事でしか無い。
黙って言われたことをやっていれば、少ない税収から多額の退職金と年金が入ってくる。
もっとも陰で議員を動かすような強者もいるというが…
いや小生の友人の公務員たちは、ほとんど公務員らしくない人ばかりであるが…

組織でも言われたことをするだけの人が大勢いる
決められる人は、僅かである
会社はだれのものか?という議論があった
株式会社は株主のものという
小生のサラリーマン役員の友人も、良い提案に
「それはしたいけれど。これはを株主が了解するか?」という

以前、初めて入った会社で先輩言われた
「決めることが仕事だ。決めたことで成果が上がれば評価に結びつくが、失敗したら評価が下がる」
それを繰り返しながら、経験と智慧と判断力が身につく
決められない奴は、仕事ができない奴であるとも

「民主主義」と声高にいう人がいる
多くの人の意見を聞いて、多くの人を納得させる提案に結びつけるという
そこには責任がない
ましてそんな提案ができるはずが無い。人それぞれなのだから
単なる多数決主義でしかない
だから言いっぱなしである

だれも決めない。そして責任を取らない社会が今の日本ではないだろうか…
少数意見をキチンと聞き、過去を踏まえてあるべき将来を考えながら、人を活かしながら
大多数が反対しようとも決断する

「賢い独裁者」が求められる
安倍ではない。

スクリーンショット 2015-02-03 7.03.25

 

 

 

 

 

 

 

らんぱすⅡ

ランパスが始まって一週間。

とりあえず、すごい。
ランチパスポートの本が25日に本屋に並んだ。
その前の日、どこかの本屋が並べてしまったのだろうか?
二人ほどやってきた。たまたま準備をしていたので提供した。
その翌日の日曜日、ランチパスポート本番開始の日。
11時スタートである。きちんと準備をしていた。
11時から開始で20食が瞬く間に注文が入り、12時前には準備していたものが、すべて出てしまった。
手伝いに来ていた梅さんには話をしていなかったので、厨房の中では、右往左往である。

IMG_0673

12時前に本に掲載されていたものが無くなるランチ
それでは、せっかく足を運んでくれた客に申し訳ない
出来る限り対応しようか?と考えたら厨房は「もうできない」と言う
次に、翌日の弁当の準備が控えているから…だという
出来なくてもいいが、もしできるのなら
「何時まで待っていただければできます」
というのが店としての誠意ではないだろうか…
そんなことを考えながら

まぁしかし、厨房は一生懸命だった
予定したものが出払ったお詫びと、替りのものを薦めていた
ここで単純に「すいません。終了しました」というと
せっかく来た客に不快感を与えてしまう

 

翌日は平日の「月曜日
とりあえず来てくれた20名の客に対応できたが、
集中する時間に、ご飯茶碗がない、ご飯がタイミングよく対応できない。などなど
100円ショップで茶碗を買ってきて、ご飯の湯炊きを(湯からごはんを炊くことで早く炊ける)をやり、
前もって果物の準備をするなど、一週間で、だいぶ改善した。

しかし。改良しないのは、体力である
梅さんの老力(?)を智慧に替え、小生の口力を体力に替えて、
なんとか騙し騙しやっているが、夜はグッスリと眠れる

せっかくのみんなの頑張りを、なんとか店の改善に繋げないと…
さて後3ヶ月間、どんな展開になっていくか!

月別アーカイブ : 2015年2月