友人が”乳がん”になった。という手紙が来た。
どうやら昨年の春頃、見つかったらしい。が三期だという
そして「1月29日に手術をする」と書いてあった。
今日である。

0-42なんだ、それならもっと早く連絡をしてくれれば…
すこしは安心するような手紙を書いてあげたのに…

手紙の内容は、病気の状況と経過と、再発のおそれがあるという宣告だという
手術前に、もう再発の予告がなされるとは…

そして
「がんの知識もなく近親者に患ったものもなく、私一人で病状を理解しはんだんして生活をしてゆくのは難しいものです。
副作用で、死にそうなこともあります」とあった。

何年前だろうか、入院していた時(なんの病気が忘れた!あまりにも多いので…)
夜、タバコを吸いに喫煙所にいった。
そこに、しゃがみこんだ女性が居た。
その女性の顔をのぞき込み「どうしましたか?」と…
「明日、乳がんの手術なのです。初めてなので…」と不安げに見上げた

初めて身体にメスを入れると言うのは、厳しいものがある
現実には、麻酔が効いて目が醒めたら痛みもなく終わるのだが…
そして

「手術は成功するのもである。術後の身体の反応が問題なのである」と言う

だが手術室で亡くなったこうさんの例もある
麻酔をきかせて開けたら、もうどうしようなく、単に締めたという。
まぁここまで”西洋医学がきらいだ”と日頃から言って
自分が気がついていた微妙な変化も医者に見せずにきたのだから…

以前は、癌は不治の病だと言われた
最近は、癌は克服するものである。という人もいる
早期に発見すれば…と言いながら見つかった途端に余命を宣告される人もいる
そして周囲にも多くのがん患者がいる(小生もだが…)

癌も社会も多様化している
しかし、さまざまなものを抱えて生きていくのが人生かもしれない
体の内や外や、人間関係まで…