チケットを貰った
いつも来る、青森と静岡出身の夫婦だ
なんでも、街ぐるみの美術館というイベントに参加しているおじいちゃん画家の展覧会だという

IMG_0434
「え!それ同級生ですよ!」
街ぐるみの美術館を主催しているのは美術とは縁遠い高校の時の同級生である
以前は町議会議員をしていたが、同じ同級生の選挙を応援していたら自分が落ちて、そのまま議員を引退したようになっている
その後、選挙にでたが落ちた
やはり一度落ちると現役は強いらしい。なかなか浮かびあげれない
高校の時は剣道部の副主将をやっていた。
ちなみに同じ街の出身が剣道部の主将だった。それが町長で現在県議を勤めている
町長と反町長派の議員、そういう関係であった。一緒に酒を飲む同級生同士でも会った。
今はおとなしく、林檎を作りながら神楽やまちおこしの美術に取り組んでいる

そんな話をしながら、肺炎の予防接種から体の調子や、生き方の話になり、年金の話になった
この夫婦は、いつも体調や食と原発と社会のあり方と…、あちこちを飛んで飛んで飛んで…

今日は、なんでも「65前に特別比例…を申請しないと消えてしまう」と言う、
もらえるものがもらえなくなってしまう話になった
「67〜8歳から年金をもらうと4割増しになる。70過ぎたらもっと…
だから、もらわなかったが、65を前に貰えるものがもらえなかったら…
社会保険事務所に初めて行って申請をした。対応が素晴らしかった」と言う

「考え方ですが…
あの消えた年金の話はどうなりました?
責任を取らない社会保険庁は都合のいいように制度を変えてきますから、いつまでたっても貰えませんよ。
そのうちに破綻します。
大体が拡大し続けることを条件に年金の制度設計がなされているのですから、
縮小経済では、金を預けて利子を得るという制度が成り立つはずがない。
早くもらったほうが得ですよ。小生は少額だけど、とうにもらってます
もう予算から言えば、分捕り合戦ですよ。税収がほとんど公務員の給与と年金にアテられると言うじゃないですか
新しい政策のための予算は、国債で借金しなければ金が捻出できないと言う話です
民間ならば責任をとって馘首か、給与がでないということですよ
新しく行政の仕組みを考えないと、
いつまでたっても税収不足で消費税を上げる話をされますよ