IMG_0189

毎年、年末になると翌年の干支のタオルを送ってくれる友人がいる
もう何年になるのだろう。二回りはしている
これがオリジナルだという。たしかに会社の名前と西暦が入ったタオルである
毎年、楽しみにしている。子どもたちも自分の干支は、自分のバスタオルだとして、黙って使っている

彼と知り合ったのは、34、5のときだ。
商社をやめて故郷に戻った時に、学生時代の友人から
「ベンチャー企業(セラミックスメーカー)を立ち上げた。営業できるやつがいない。営業を手伝ってくれ」
と言われて、再び東京へ戻った。そのとき銀座の事務所で出会った。
ある商社の社長の息子だという。ゆくゆくは後を継ぐ予定になっている。
”丁稚奉公で教育してくれ”という話だった。
しかし、彼は人に好かれるたちだった。
金持ちの一人息子なのだろうが…
付属高校をでて、ストレートで大学に入り、留学して英語が堪能ながらも
嫌味なところは全くなく、多くの人に好かれた

セラミックスのベンチャー企業も当初の目的(?)だった大企業に売り飛ばしたあと
小生も彼も、やめた。
数年後、部下の結婚式で呼ばれて金沢で久しぶりに出会った
彼は、後継者として父親の会社に入り活躍していた。
ホテルのロビーで彼は、言った

「原発に反対してはだめですよ」
小生の友人は
「それなら使うところで発電したらいいのだ!」

ちょうど広瀬隆の「東京に原発を…」という本が出ていた頃だった
あのころに必死で反対運動をしていれば…いう後悔と反省がある
「フクシマ」のあと彼は
「お互いに大変な一年でしたね」と賀状に書いてきた。

彼は電力会社に資材を収めている商社の社長である

今回の干支は「羊」だ

IMG_0185