小学校の頃は薪ストーブだった
薪が木造校舎の脇に、うずたかく積まれていた
鋳物ストーブの周りには金網がはられ、昼前には子どもたちのアルマイトの弁当が山と積まれて暖められていた
なんとも言えないニオイが、教室に充満していた。
子どもたちは、そのニオイで給食時間を知り、あの子の弁当の中身まで知った。

「だれだ!納豆なんか、かけてきた奴は!」

 

そんなストーブを焚く季節の前に。
子どもたちに「新聞紙を折りたたんでタコ糸でくるんで持ってくるように…」と指示を出された
何だろうと思うと、それを灯油に浸して、焚きつける火種にするのだった。

なるほど…

それを応用した。
VISTAという着火剤を、念の為にまた灯油に浸してある。
それを薪と薪の間に入れて火をつけると、

あら不思議。着火完了なのである
生木でも着火するのだ。
小学校の智慧が、今頃役に立った。(嬉)

IMG_0132