ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

産地直送

IMG_0439
年末になると、いろいろな客が挨拶に訪れる
本当はじっくりと話し込みたいのだが、それは許されぬ
師走と言われるように、恩師まで走らせられる、年末である。

その人は研究機関に務めていたがリタイヤして大学に勤めた
大学のほうが、65歳までと定年が長いからである。

「産直というのは産地直送だ」と彼は立ち話をしながら言った

彼が勧める「すずこま」は千葉の水耕栽培である
夏と秋、岩手の生産者がつくり、冬春は温暖な関東の生産者が作る
一年を通して、加熱用のクッキングトマトが店頭に並ぶように彼は仕組んでいる
そのために岩手の生産者にアドバイスをしている。
「シーズンオフにものが無いと忘れられるから、千葉から取り寄せて売るように」
言われた生産者は、取り寄せて一生懸命にレストランに小売店に収めている、
(これも新規就農者だが、ある大手の電力会社を辞めて就農している。こどもが障害者でその働く場所を農業に…)

それが、ある産直と言われる道の駅で
「千葉のものは、地元のものでないからおかない」と言われて、生産者は困惑していた
そこへ当店に持ち込むきっかけになったのだが…

大学に勤める彼は「一年を通して供給することが、安定生産につながると言う
以前はメーカーの営業マンは「売り場の確保が至上命題だった。
なんといっても”売れないと作れない”からである
年中並べて、見てもらい手にとってもらい、売れる戦略を考えた
それが今では、ネットで簡単に消費者の目に触れる。
そして簡単に直送できる

しかし、一番の問題は価格である
安価なものは、送料負担の割合が高くなる
そして毎日、食べるのにいちいちネットで注文するだろうか…
だから青果物の流通は、ある程度の鮮度でなんでも流通する仕組みが必要である
「旬が…」「地産地消が…」やはり「産直が…」

というが岩手の旬は短い、
9月から翌年の5月までのほとんどが、山菜・茸・保存食の食文化である
地産地消と言いながら、欲にたけた生産農家も数多く居る
産直と言いながら「岩手は夏野菜の産地」である、秋の根菜は冬の保存食用である
そんな岩手で青果物の小売業は、地元のものだけで成り立つはずがない
冬場の青果物の流通は、誰が責任を負うのか…
雪に閉ざされた室内には、車のない人や、障害者、高齢化した夫婦、など生活弱者が閉じ込められている。
そこへ日々食べるものが、産直まで行かないと手に入らないという事態が引き起きている
それに対して行政は、なにも答えない
しょせん産直と言われる”産地直売所”は「補助金狙い」の「新鮮ですよ、安いですよ」の、なにもない産直である。

分捕り合戦

 

チケットを貰った
いつも来る、青森と静岡出身の夫婦だ
なんでも、街ぐるみの美術館というイベントに参加しているおじいちゃん画家の展覧会だという

IMG_0434
「え!それ同級生ですよ!」
街ぐるみの美術館を主催しているのは美術とは縁遠い高校の時の同級生である
以前は町議会議員をしていたが、同じ同級生の選挙を応援していたら自分が落ちて、そのまま議員を引退したようになっている
その後、選挙にでたが落ちた
やはり一度落ちると現役は強いらしい。なかなか浮かびあげれない
高校の時は剣道部の副主将をやっていた。
ちなみに同じ街の出身が剣道部の主将だった。それが町長で現在県議を勤めている
町長と反町長派の議員、そういう関係であった。一緒に酒を飲む同級生同士でも会った。
今はおとなしく、林檎を作りながら神楽やまちおこしの美術に取り組んでいる

そんな話をしながら、肺炎の予防接種から体の調子や、生き方の話になり、年金の話になった
この夫婦は、いつも体調や食と原発と社会のあり方と…、あちこちを飛んで飛んで飛んで…

今日は、なんでも「65前に特別比例…を申請しないと消えてしまう」と言う、
もらえるものがもらえなくなってしまう話になった
「67〜8歳から年金をもらうと4割増しになる。70過ぎたらもっと…
だから、もらわなかったが、65を前に貰えるものがもらえなかったら…
社会保険事務所に初めて行って申請をした。対応が素晴らしかった」と言う

「考え方ですが…
あの消えた年金の話はどうなりました?
責任を取らない社会保険庁は都合のいいように制度を変えてきますから、いつまでたっても貰えませんよ。
そのうちに破綻します。
大体が拡大し続けることを条件に年金の制度設計がなされているのですから、
縮小経済では、金を預けて利子を得るという制度が成り立つはずがない。
早くもらったほうが得ですよ。小生は少額だけど、とうにもらってます
もう予算から言えば、分捕り合戦ですよ。税収がほとんど公務員の給与と年金にアテられると言うじゃないですか
新しい政策のための予算は、国債で借金しなければ金が捻出できないと言う話です
民間ならば責任をとって馘首か、給与がでないということですよ
新しく行政の仕組みを考えないと、
いつまでたっても税収不足で消費税を上げる話をされますよ

おそなえ

IMG_0424

そろそろ年末。
餅の準備を、しなければ…

ご幼少のみぎり、お餅はごちそうだった。
腹いっぱい食べた。今の餅の大きさだったら、20個はゆうに食べただろう
仙台育ちだから餅文化である。両親とも仙台の育ちで仙台弁がペラペラ(?)だから仙台の食文化である
雑煮は具沢山だが、なぜか最後の食べ物だった
最初は、餅を焼き上げてあんことゴマに、雑煮の汁につけて柔らかくした餅に納豆をかけた納豆餅、
もう食いきれないというところに雑煮が出てくる
その雑煮は、まだ食べられるときは餅を入れたが、たいていはギブアップで餅のない具沢山の雑煮だった

その影響があるのか、餅は大好きである
しかし、最近は食べられない。餅がつかえるからである。食道を取ってから飲み込む力が衰えた。
これが餅を詰まらせて呼吸困難になるのか?という目には会っていないが、なんとなく恐ろしい目にはあった

そんな餅を商品として、そろそろ並べないと…
以前は賞味期限など無かったのだ、最近はうるさい
のし餅の賞味期限は三日だと書いてある
ということは元日に食べるのなら29日から売り出さないと…
しかし、29日は「苦もち」になるといって、29日の餅の注文はすくない

と言っても30日31日の大量仕入れは、すぐ賞味期限キレになって不良在庫になる
と言って売り切れたら、わざわざ来てくれたお客に申し訳ない
といろいろと思い悩み、年明けは大量の処分品をかかえることになる。

そんなことを考えながら車を走らせ、サンファームへ向かった
サンファームは、大農家だが切りごぼうなどの農産加工を色々とやっており
正月は餅加工である
もう20年近いつきあいだろうか…

出てきた若主人に「今年はまだ始まらないの?」
「いえいえもう22日から始まってます」
「えっ?そんなに早く?」
「某S石食品が、採算に合わないからと言って”お供え餅”をやめたのですよ」と言う
「その注文が、イッパイ来て…」と困った顔をして
大手は、人件費を抱えて採算が合わないとすぐ止める
しかし、正月前に「お供え」の無い売り場は考えられない
そこで、量販店は中小の加工業者に無理強いするのである
中小の加工業者は、普通ののし餅とお供えが一緒になって、正月の商品を造っている
それがお供えだけだと、人件費がかかって採算バランスが崩れてくる

と言って止める訳にはいかない。連綿と続いてきた「文化」なのだ
大手(組織)は経済合理性で物事を決めていくが、中小は目の前の人との関係性の中で判断していく

それがグローバルとローカルの違いなのだろうが…

 

 

 

 

 

暗くならないうちに

「配達だよ。すぐそば…」と言われて、暗くならないうちに…
と出かけた

呼び鈴を鳴らすと
「は〜い」と元気な声が聞こえる
廊下の奥から片足を引きずるようにして歩いてきたオバァちゃんは
「あら。あんたも元気そうだね」と小生を見て
「おばあちゃんだって、歩き方がスイスイだよ」

 

いえ、そのね、これでも左半身が麻痺して全然感じない。
この玄関のそばの本棚をみていたら、急に記憶がなくなって、気がついたら階段の下に倒れていた
タクシーを呼んで近くのかかりつけに行ったら、もう即、安静入院で10日も…
医者は言わなかったけど。私が忘れたのかもしれないけど、あたったんだよね。
ほら!こっちの感覚が全然ない
息子が秋田にいるのだけど、”秋田に来い”と言われるけど、知らない人ばかりのとこへ行っても…。
それにね、お嫁さんの家庭が母ひとりで、面倒を見ないといけないので…

私は双子なの。もう一人は盛岡にいるし、姉も近くにいて、だから倒れた時には盛岡のホームのほうが…
小さいころ生活保護を受けていて、兄に連れられて支給金を貰いに行ったら19歳以上の子供がいる家庭は対象にならないと急に打ち切られて、兄がお金がないからと言って私を売血に連れて行って、そこで気を失って…
17歳の娘が、周りの人のすすめで日雇いの土木人夫で日銭を稼いで生きてきました。
母が病気で面倒を見ないといけないので、そのころは中卒の集団就職で東京へ行ったのだけど、
私は盛岡に残って…妹だけ東京へやって、そんな家族だから姉と妹の居る盛岡にずーといたい。
近所の人が雪かきや、植木の選定に声をかけてくれるし、
ヘルパーさんは、毎日のようにくるし…
何かあっても、大丈夫だから…

 

「はい2660円、財布から、お金が指でつまめないの?じゃ〜取ってあげるよ」
「おばあちゃん、お米5kgもあるよ、持てる?」
「台所まで運んであげる!あっ!このバナナも…」
「米びつに入れてあげるよ。重いから…
注文は5kgでなくてもいいからね。3kgで…
毎日のように配達してあげるから…
えっ!ナシが好きなの?ナシ今。有ったかな?」

夕暮れの配達が、いつの間にか暗闇に変わっていた。

IMG_0382

オリタ

”漫画を探している”
と言っても、テーマが有る

「食と農」に関する漫画である

今回の入院で、差し入れに漫画を色々と貰った
以前は「軽いものを…」と言いながら、考えながら読む「銀輪の覇者」など推理小説があったが…
入院中は、読もうと思って読めなかった本を持参するのだが、だいたいが読まずに持ち帰った

しかし、漫画はスラスラと読めた
考えもナシに絵を追っていけばいいのだ

今の若い人は、本など読まない
本屋でも漫画コーナーがいつの間にか充実してきている
やはり活字よりも絵のほうが、インパクトは大きいのだろうか?
しかし、活字にこだわりたい、と思うのは団塊の世代の想いだろうか

そんななか、店にある本棚を「漫画コーナーにしろ」とモートンが提案した
なるほど栽培の農業書や食文化の本なんか、一日に一人、いや一週間に一人ぐらいしか本をひらかない。
そんなのを置いておいても…
ということで漫画をおくことにした(決めただけでまだ集めていない)

とりあえずネットで食と農に関する漫画を見た
いろいろある。ありすぎる。新刊本では高くつく。中古本をみた。
少しピックアップしてと思って「孤独のグルメ」を言うのを買った

単に中年の自営の輸入業者が全国のあちこちで食べ歩くだけの漫画である
ずーと見ていると「高崎のクリタのやきまんじゅう」というのが載っていた
学生として高崎に行った頃、初めて麻雀を覚えた。
まぁパチンコも覚えた。高崎競馬もときおり行った。
しかし、博打は性に合わない。
なんやかんや言っても、トータルで損をしているような気がした
掛けた時間がもったいないということに気がついた
学生時代以来、博打は、ほとんどやっていない
そのとき、覚えたての麻雀で捨てる牌がないときや、ベタオリをする時に
「下りた。オリタ。オリタの焼きそば」というギャグを使った

街の中に「おりた」と言う焼きそば屋があって、よく食べた。
よく食べたから美味かったのだろう。安かったのかもしれない
そのうち学生同士の麻雀仲間に、そのギャグが広まった。
「孤独のグルメ」にクリタの焼まんじゅうが載っていた

IMG_0243

 

不思議だ、よく似ている。
あそこは焼きまんじゅうなんかやっていただろうか?
あれから40年(綾小路きみまろ風)も経っていれば、変わっているのか
いや。ひょっとして前からやっていたのか?

オリタの焼きそば

考えながら懐かしく読んだ。それだけの話しだ

 

らんぱす

「らんぱす」というと、ゾォ〜っとする

学生時代。「ランパス!」と上級生が言うと
「いやだな!今日は、何本かな?」と思う
縦に長いグランドを走りながら数人でパスまわす、体力勝負の練習である
自慢じゃないが、脚は遅かった。100メートルを12秒も切れない。ようやく15秒ぐらいだろうか…
ラグビーは、前にボールを投げていけないから、脚が遅くても…と思うのだろうが、
ボールを受け取った瞬間ダッシュして、一番先頭に出ないと前にいるメンバーがオフサイドになってしまう
厳密には「オフサイドの位置にある」と言って、ボールの前にいるプレーヤはプレーしなければ良いのだ。
だからボールを受け取った瞬間にダッシュして前に出る練習と、100メートル近くを走り切る体力強化練習である
これが往復で「10本、10本、5本」とか指示がある。
つまり全力で10往復(全力疾走2km)してスローで一往復、全力で10往復(全力疾走2km)してスローで一往復、5往復(全力疾走1km)しておしまい、というように
緩急を取り混ぜて、常にボールを持ったらダッシュするという練習である
そういう意味ではラグビーは、短距離競技である。
今では、だいぶ練習方法も改善されて昔のように精神鍛錬のような練習では無くなったと聞いているが
「ランニングパス」の「らんぱす」は、精神鍛錬のような意味合いもあったように思う

 

その「らんぱす」をやりませんか?と案内が来た
なんとそれは「ランチパスポート」の略だという

定休日を設けてから、あちこちへ魔子様とランチに行く
偵察である。そこでは、時々聞かれる
「ランパスですか?」
みると周りの人はみんな茶色の新書版のような本を持っている
それをコンビニで一冊、980円にて購入すると登録してあるお店のランチが500円になるという
(なんでも800円相当が値下げだ)

スクリーンショット 2014-12-25 5.16.10

そのお店では3回使用でき、100店舗掲載され、三ヶ月使えるという
つまり980円の本を一冊買えば、毎日500円でランチが90日間食べられるという企画だそうだ
客にとっては、安心して入ったことのない店に入ることが出来、ワンコインランチが食べられる
店にとっては、新しい客が入って、新規の客の獲得につながり、夜の集客にもつながる。
出版社は、本が売れる。書店も売上が増す
いいコトだらけである。

ただ値引きした分だけ店が損をする、「それは広告費だ」と思うば、安いものだと思う
いちばんは、店に足を運んでもらうという行為への報酬である
ネットで写真を見てメニューをみてもらっても、足を運んでもらわないと売上にはつながらない
そういう意味では、なるほど!と思う企画である

それのデメリットは…と営業マンに問うた?
客が入りすぎて人手不足になり人件費が増えたことです
行列ができてランチの時間に対応ができなかったことです
と、客が入りすぎたことをあげた

しかし、本当にそうだろうか…
もしそうなら店側が客を選ぶ対応が可能である
たとえば中高年層をターゲットにすれば、そのようなメニューにするとか
若い層向けの新しいコンセプトが受けるかどうか試すために利用するとか…
たぶんそうはならないだろう。
単に客は「安い」「旨い」から行く。と言う単純な選択でしか無いのでは…

市の中心部から始まって、三回目で当店のような郊外の店舗まで拡大してきた
盛岡市民30万の胃袋に昼食を満たす容量は変わらない
その容量の売上は減る
そして一番の問題は、
隣で同じようなメニューを食べている常連客がどう思うか?

あるレストランのオーナーは言う
「ウチは1000円のランチのお客様が多いですから…」

平和の戦い

最近は、なんでもありだ
昔は、恥ずかしげにストリップ劇場をくぐったものだが…
今は、堂々と某ツタヤでも成人DVDとして売っている
いや日活ロマンポルノよりも、もっとひどいのが、テレビで流れている
これで良いのか?と安倍首相に言いたい

そんな昨今の風潮に合わせてか

IMG_0367
浄土真宗大谷派の神々しい本堂でクリスマスコンサートをやるという
仏教やで〜
相手は新教だ。

なんでも副住職が、教室の隅に一緒に立たされた幼なじみが、オペラのバリトン歌手だという
それの凱旋コンサートを、本堂で…という企画が4年目だという

本職のオペラ歌手の唄は、聞いたことがない
本堂に入った瞬間、

IMG_0362

「レコードの声だ!」と気がついた
オベラなどレコードやCDでしか流れているのを、耳に挟んだことがない
つまり、向き合って聞いたこととか…
聞こうと思ってCDをかけたとか…
そんなことは皆目記憶にない

ただ流れるままに、耳に入ってきただけである
それが目の前の人が大きな声で歌うのである

これはレコードの声である

「白犬である(尾も白かった=オヤジギャク)」
オペラ以外にも「岩手川のうた」「津軽海峡冬景色」「下小路中学校校歌」
など副住職の誘い水でつぎからつぎへと…

 

そして圧巻は阿弥陀とキリストの戦いだ!

IMG_0360

 

副住職!卑屈になるな!
そこだ!ジャブをかませ!ほらフックだ!

そんな話ではない。宗教は平和を求める戦いだ(?)

人生が変わる

IMG_0072毎朝、玄米おにぎりを作る。
朝、店に出ると、すぐ浸漬した玄米(キラホという無農薬の低アミロース米である)を圧力釜にかける
ストーブに火を入れる段取りをしていると、時間がかかるからである。
以前は、なんとか玄米を前の晩から浸漬しないで炊く方法をさまざま試してみた
炊けることは炊ける。しかし、もうひとつだ。

やはり一晩十分に水を吸わせて高圧で炊くと、
「えっ?これが玄米?」と言う、もちもちの玄米ができる

圧力釜は、短時間で炊けるというが、実際に火が点いている時間は短いが
減圧して蓋が開けられる状態になるのに時間が掛かる
加熱して15分、弱火で15分、開けられるまで15分だが、そのあと蒸らしに15分とってある

合計で1時間である。その間、15分毎の作業を細かく重ねる
ストーブの火入れや、店舗の掃除やトイレ掃除、商品の補給等々

 

ふと気が付くと梅さんの声が聞こえる
「さぁさぁどんぞ、どんぞ、ストーブでぬくたまって」
こんなに早くと言っても開店時間の8時だったが…
メガネを掛けたサラリーマン風の長身の初老の男だ

男は、ストーブのそばに寄るなり
「ラヂオもりおかで広瀬隆が…フクイチの屋根を解体して証拠隠しが…
堤未果が…原発の再稼働はおかしい」
「この店は、以前むのたけじの懇親会の時に…きたことが…。
復興大学はサボってばかりで…」
「釜石出身で…東京で働いていたが辞めて…」
「メタボ対策で、歩いてここまできた。」
「あちこちでテモト(土木作業員?)で働いてきた」

脈絡のない話が次から次へと…
聞きながら、相槌を打つとますます乗ってきた
このひと”人に飢えているのだ。話をしたいのだろう”
とそのまま話させるままにしておいた。
ストーブのそばで、小一時間は喋っただろうか?
玄米のお握りの次に赤飯を炊かないといけない
その準備にストーブの側を、梅さんに任せて、はなれた

釜石の高校をでて27歳の時に公害企業から金を集めて被害者に分配する組織に努めて面白かったが
パワハラにあってやめ、それから故郷岩手にもどって職を転々としている。
「高校の時に”むのたけじ”が来て講演をしていった。
「世界文学全集を読みなさい。人生が変わるよ!」と言われたことが頭に残っている。

今58歳。独身。人生が変わったのだろうか?
「この店は敷居が高かったのですが、これからちょくちょくきますから…」と言って
値引きしたコメを買っていった。

 

 

じんたいだんれつ

投票所でころんだ。

しばらく歩けなかった。
いつものことである。

学生時代に横からタックルをもらった。
それから時々、膝関節が外れるようになった。
しばらくすると、治る。
その間は、恐る恐る歩く。というよりも意識して足を真っ直ぐ上げて垂直に下ろすのである

そうしていると、痛みを感じなくなり、治る

それを繰り返していた
膝関節の受け皿が、すこし欠けて、外れやすくなっているのだろう!ぐらいにしか考えていなかった。

有るときは駅の階段を降りようとして、膝に横から力が加わり、外れた
激痛とともに転げ落ち、立ちあげれなくなって、うずくまった。
そんなことが、年に一回程度はある。

先日も鍼医に行って言われた
「それでもラグビーをやっていたのですか?」
「まっすぐ脚を下ろせば、問題はないですから…」
「…」

0-87

たまたま整形外科で腰椎のレントゲンを撮る予定があった
「一緒に膝関節の写真もとってほしい」と看護婦に懇願をした
「先生に聞いてみます」と看護婦

レントゲン写真をみた医師は、「何も変わらない」と言う
膝を触って「ここは痛い?」「ここはどう?」と触診をしながら…
「ジャー横になって!」「この動作は?」「ここを曲げたら?」

ガキツ。ボキッ
「あーこれだ?ジンタイが断裂してます。」
「えっ!人体が…」
「いえ靭帯です。軟骨がこすれて、すり減ったら、手術で人工関節を入れて…」
「すり減ってますか?
「すこし」

すり減らさないように歩くには…
痛みを和らげるリハビリは…
若い医者は、一生懸命に指導してくれた。

しかし、40年以上、靭帯が断裂していることをわからずに歩いていた
関節を、しっかりと止める靭帯は、あっても無くても良いのか?

安倍政権の暴走を止めることができない、今のマスコミのようなものである
新聞をやめて半年、何も不自由を感じない。

 

煎り酒

IMG_0317煎り酒という酒があった。
「旨い酒か?」と問う人がいる!

旨い調味料である

池波正太郎の小説で初めて「煎り酒」を知った
和田はつ子の”料理人季蔵捕物控”で、武士をやめて料理人になった季蔵がよく使う調味料である。
江戸時代の調味料だという

塩か?味噌か?と言う時代、醤油があらわれ、そして煎酒が生まれた

煎り酒は、梅干しと酒である。

梅干しを酒で煮詰めるという
「梅干しを酒で煎り付ける」という表現なのだろうか

以前に何回か作ってみたことが有る
それはそれで美味しかったが、我が家には根付かなかった
それは単に「面倒くさい」からと言う小生の性分の問題だが…

今度は、海の精が商品として売り出した。
一度試してみよう

 

月別アーカイブ : 2014年12月

1 / 41234