トイレ掃除を毎日している。
トイレ掃除が趣味だ。というわけではないが…
やはり気持ちが良いとお客も喜ぶだろうと…

以前、京都から来た客が「きれいなトイレだった」とコメントが有り
より一層の精進をしている
女性用トイレには、森のそば屋の女将さんからの助言で、おむつ交換の折りたたみの台を設置した。
「こんなのいらない。使用頻度が少ないしお金がもったいない」
と男性は言うが、若い女性が赤ん坊のおむつを変えるには、ぜひとも必要である
使わない人には、その必要性がわからない

交換用のトイレットペーパーを置く棚を高いところに作ってしまった。
小生が手を上げて、つかめるところなのだが、2メーターはある
これでは、背の小さい女性や子どもたちは取れない。
そこで途中に予備を入れるトイレットペーパー入れをぶら下げた

IMG_0831
しかし、予備は一個でいいのだろうか
いつも掃除のたびに悩む。
ひょとして取ろうして落としたら…
また取りにくいかもしれない
そんなことを考えて
もう一個飛び出すように置いた。

IMG_0833

そうしたら客がこれにぶつかってトイレットペーパーを落としたと言う
どうやって、ぶつけたのだろう?
まぁ落としたペーパーは、交換すればいいが…1個処分しなければならない

その客は、落ちてぶつかったことに対して「謝れ」というらしい
唖然とした
どうやって落としたのだろう。いやぶつかったのだろう。
トイレットペーパーを落としたことに対して謝らず
トイレットペーペーがぶつかったことに対してあやまれと言う
そして、言うらしい「ぶつかって怪我をしたらどうする」
トイレットペーペーにぶつかって怪我をした人を教えて欲しい
どれぐらいのスピートでぶつかったら怪我をするのか?
どれぐらいの量がぶつかったら怪我をするのか?

その客は子連れで、子どもを使って、店員を呼び出し、上から目線で怒鳴ったという
「お客様は神様だ」という
こんな客も紙様か?

その客は元教師か?今教師か?という
十把一絡げにするわけではないが、
以前も当店自慢のソフトクリームを食べて「お腹を下した」と保健所に駆け込んだ女が居た
調べたら、ソフトクリームを食べる以前の食べ物が原因であることがわかった
しかし、その女客に病院代を支払った。その客は当然のように受け取った
高校教師であった。

おんな・きょうしは、当店にとって鬼門である。
なじみ客で、だれかいたかな?

あっ!あっきゃ?お前は客じゃない。友達だ!