林檎をもらった
今どき紅玉である

IMG_0237

もらうものならもっと糖度が高い新品種が、いっぱいあるだろう
”ちなつ”とか…”夏あかり”とか…”紅いわて”とか…
紅ほっぺとか…(これは苺か?)
紅玉なんか、「ジャムにしかならない」と思っている
ありがたくもなんともない
と思ったら
「木村さんのりんご」だという
「木村といえば、アンパンだろう」とアンパンマン好きの子どもたちは言う

そうではない木村秋則さんの紅玉だという

IMG_0250

 

これは、宝物である

もう20年以上前になる
林檎の無農薬栽培をやっている人が青森に一人だけいる
と言われていた
「しかし、食べられたものではないし、市場に出回らない」と言う
もともと林檎は明治に日本に入ってきて、さまざまに品種改良がなされてきた
稲ならば倒伏しないようにとか自給率を上げる多収のための改良だったが
林檎は、糖度を高めるための改良が多くなされた
結果として樹液の糖度が高くなり、殺菌剤・殺虫剤を多用しないと栽培できないようになった
と聞かされたことが有る
だから無農薬では出来ない!と

それが最近「木村秋則」という名でどんどん無農薬でもできると流布されている
もっとも生産はできるのだろうが…食べられるシロモノか?
と思っていたが本を読み、テレビをみるかぎり、どうやら本物のようだ
野菜や稲の場合、手をかけたり、地域によって、栽培方法を考えると可能性はあるが…
果樹は作れたとしても、糖度を重視する消費者ニーズからは、市場性は低いのではないか?
と、いろいろと考えさせられるのだが…
とりあえず無農薬で果樹栽培が出来た。というだけで商品価値が上がるのだろうか?

しかし、二番煎じは難しいだろう
だいたいが10年近く収穫ゼロの状況が続き、その園地の生態系が替わったと言う
農薬や化学肥料を使用しなくても林檎栽培に適するように従来の園地から自然を変えないとできないのだろうから
農業は、基本的にその植物が生育していく環境をととのえるのが仕事である
現在の農業は、科学的に植物の必要とする肥料を与え気象条件を予測して栽培をしている
ところが木村さんは、植物が生育しやすように環境を整えている、そこには育てているのではない。
いつも言うが、木村さんは農業ではない。哲学である。
農家で、こんな生き方をしている人は、いない。

そこを間違えると〇〇農法をやれば高く売れるという発想で取り組む人が数多く居る
そういう人は高く売れなければ、やめてしまうのである
農業は続かないと意味が無い。
人間が生きていくための土を作るのが仕事なのだから…