もとむさんが、なくなった。

最初、名前がわからなかった。
みんな「組合長」という名前で読んでいた。
長い年月、組合長としてその存在が県内にも国内にも響いていた。
しかし、それは豪腕とか凄腕とか、そんなことではなく、人柄だったような…

いつもにこにこ笑っていた。
朝行くと、畑から帰ってきたのだろうか飯を食っていた。
缶ビールを呑みながら…
「これうめぇぞ!」と言いながら雪ノ下から掘り出してきたヒロッコや
ミズの根をすったミズトロロを差し出して…
そして、軽トラに乗って農協に出かけていった。

豪雪の沢内農協の組合長だった。
彼に教えられた
「条件不利益地帯はない」ということを…
沢内は、豪雪の村だった。
そのなかで雪を活用して様々なものを産みだした
そんな組合長らしく、4月も中頃になろうというのに、寺にはまだまだ残雪が多かった

IMG_0787

 

その土地で、そこに根ざして生きていくことが彼の生き方だった

「しょいっこ」と言う行商をやっていたと言う
その話は、面白おかしく教えてくれた。
首席で農業高専を卒業して一流企業に就職が決まっていたのに、
それを蹴ってという前提は、かたらなかった

しかし、彼は何を目指して生きてきたのだろうか
それとも淡々と生きてきただけではないのだろうか?
その生き方のさきに光は見えたのだろうか

農業というのは、目的とか…目標とか…そんなことを考えるものでなない
というようなことを教えてくれたような気がする
安藤昌益に学んだ人である

佐々木覓 享年86歳 合掌

IMG_0792