胃が小さいと、しょっちゅう食べ物を補給しないと体が持たない
朝は、ゆっくりと食べられるから、昨晩の鍋に玄米を入れたり、お粥を炊いたりできるが
日中は、のんびりと飯を食っていると客が来たり、電話がかかってくるので、
急いで飲み込み食道から胃に落ちていかないケースがある

そんな場合は悲惨だ。
飲み込んだものを、出すか…飲み込むか…
選択を迫られる
その選択を間違うと、救急で運ばれ胃カメラを呑むことになってしまう
別に胃カメラを呑んでも構わないが…時間がもったいない
そんな時間が有ったら、酒でも呑んでいたほうが…

だから、日中の食事は出かけるとき、車の中が一番いい
のんびりと食べることが可能である
お茶を飲み、おにぎりを少量ほうばり、すこしづつ飲み込んでいく
いつもいつもコンビニのおにぎりでは、飽きてきたので小さな地元のスーパーのようなところへ行った
変わったおにぎりを、やっているか?と思った
IMG_0645

タラコのおにぎりが「365円」である
これは面白い
多分、黒い海苔の中身は、お米とタラコが逆転しているのだろう
いや、タラコは、南極海でとれた高級タラコなのだろう
ひょっとして、タラコという名のキャビアか?
まさか中にダイヤが入っているのでは…

妄想と期待が、どんどん膨らむ
つい買い求めてしまった

食べた
なんということは無かった
タラコよりコメの方が多かった
南極海ではなく、カナダか中国のタラコのようだった
キャビアかと思ったが、食べたことがないので味は知らない
ダイヤが入っているかと、ゆっくりと噛み締めたが、時間の無駄だった
えっ!これが365円
ひょっとして3%を足そうと思って300%を足した価格か?
だれだ!こんなシステムを考えた奴は!

IMG_0649

返信用切手が張ってあったので郵便物を出した
それが戻ってきた
「2円」不足だと
3月末までに出すはずだ!と思っていたのだろうが…
フェイント(?)をかけて4月に出したのだ
しっかりと3%がチェックされている
こんな素晴らしいシステムを考えた奴は誰だ!

 

こちとらまだ8%に単価訂正もできていない(泣)
今まだ5%の単価で買い物が出来ます(大泣)